画像出典:a1.ro

犬はなぜ人間より寿命が短いのか?『その答えを僕は知っている!』そう言い放った6歳の少年。その答えが胸に響く!

飼い主さんにとって犬はペット以上の存在。

家族の一員であり、親友とも言われています。

そんな犬たちは無条件でわたしたちを愛してくれ、

なんの見返りも求めません。

こちらが愛情を示せばそれを何倍にもして返してくれます。

ですが、悲しいことに犬の寿命は人間よりもはるかに短いのです。

その答えを6歳の少年が教えてくれました。

それには誰もが心を動かされたと言います。

6歳の少年シェーン

6歳の少年、シェーンにはアイリッシュ・ウルフハウンドの

ベッカーという名の愛犬がいました。

ベッカーは物心ついたときからずっと、シェーンのそばにいてくれる親友でした。

ですが、悲しいことにベッカーは10歳にして末期がんに侵され、

余命あとわずかとなってしまいました。

そしてベッカーは帰らぬ人に。

残された家族の悲しみは筆舌に尽くしがたいものがありました。

そしてまた、親友を見送った後の少年の言葉は

涙なくしては語れないものでした。

これは、その様子を見ていた獣医さんによる話です。

スポンサードリンク

獣医の私は、10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーを診察しました。

飼い主のロン・リサ夫婦、特に息子のシェーンは、

ベッカーをとてもかわいがっていたので、

なんとか奇跡が起こらないかと願っていました。

しかし、ベッカーは末期のがんに冒されていて、

もう助かる見込みはありませんでした。

末期がんの苦痛は相当なもの。

家族には家で最期を看取ってやるのがいいと助言しました。

ロンとリサは、この経験からきっとなにか学ぶものがあるだろうから、

6歳のシェーンにもその場に同席させたいと言ってきました。

翌日、弱ったベッカーのもとに家族が集まりました。

シェーンは静かに、最期の瞬間までベッカーを抱きかかえていましたが、

どこまでこの状況を理解しているのかはわかりませんでした。

しばらくして、ベッカーは穏やかに息をひきとりました。

シェーンにも、ベッカーが苦しむことなく

別の世界へ旅立ったことがわかったようでした。

その後、「どうして動物の命は人間よりも短いのか」ということについて、

みんなでひとしきり話しました。

すると、静かに聞いていたシェーンがいきなりこう言ったのです。

「ぼく、どうしてか知っているよ。」

みんなは驚いてシェーンを見ました。

そして、次に彼の口から出てきた言葉にだれもが驚いたのです。

私はあれほど心に響く言葉を聞いたことがありません。

彼はこう言ったのです。

「人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、

幸せな人生を送る方法を覚えるんでしょう?

でも犬は、生まれたときからもうすでにその方法を知っているから、

長く生きる必要がないんだよ。」

犬の愛と健気な心ほど美しいものはない。

だから、彼らが去ってしまうのを見るのは死ぬほど辛い。

でも、彼らを見送る日がきたときは、シェーンの言葉を思い出して欲しい。

そして彼らが身をもって教えてくれた、本当の愛、

何気ない日常の中の喜び、命の重さをかみしめながら、

「出会えた」ことに心から感謝してほしいですね。

「いつもそばにいてくれて本当にありがとう。

人生において大切なこと、教えてくれて本当にありがとう。」 と。

スポンサードリンク

ネットの反応

・シェーン君の方が魂のレベルで深く理解しているんですね

・凄いね!
犬も純粋、そして子供も純粋だからこそ解るのでしょうね。
動物の時間は早いスピードで過ぎていきます。
だからこそ愛に満ちた時を一緒に過ごしていきたいですね!

・シェーン君の考え方、大人には到底思いつきもしない答えですね。

いかがでしたか?

シェーン君の言葉はとても心に響きますね。

確かに動物たちは小さい頃から飼い主さんを愛して忠実。

反抗期もありません。

そう考えると、人間はまだまだ未熟なのかもしれませんね。

出典元:a1.ro

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です