画像出典:twitter

幼稚な質問を繰り返す記者に痛恨の一撃!!『受賞を受けての記者会見』での事、本庶佑教授が記者に一言

2018年のノーベル賞「生理学・医学賞」に京都大学の

本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授ら2氏が選ばれた。

会見での会話が話題です。

本庶佑教授とは?

本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年1月27日 – )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)。

勲等は文化勲章。学位は医学博士(京都大学・1975年)。

京都大学名誉教授・高等研究院副研究院長・特別教授、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、お茶の水女子大学学長特別招聘教授、日本学士院会員、文化功労者。

京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長、内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長(第3代)、公益財団法人先端医療振興財団理事長などを歴任した。

引用元:本庶佑 – Wikipedia

スポンサードリンク

会見の時に交わされた会話の内容

ネットの反応は?

こちらの動画では質問の意味が分からないとも言っています

スポンサードリンク

いかがでしたか?

本庶佑教授の受賞素晴らしいですね!

日本人の受賞者が今後も増えるように頑張っていきたいですね!!!

出典元:twitter (Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)、出典元:youtube (youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です