画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

黄色センターラインで右折はOK?『意外と知らないセンターラインの驚きのルール』

 

黄色や白、実線や破線、

その組み合わせなど様々な種類がある

道路のセンターライン(中央線)

教習所で必ず習いますが、

センターラインの種類とルールを

あなたは正確に理解していますか?

「教習所では覚えていたはずなのに

ちょっと今は自信がないかも・・・」

という方も中にはいるかもしれません。

そこで今回はセンターラインの種類と

ルールをご紹介します!

この機会に再確認してみて下さい!

センターライン基本の3種類

①白色の破線

目にすることが一番多いお馴染みのラインであり、

ほとんどの方はルールもご存知だと思います。

白い破線のルールは

「はみ出し可」、「追い越し可」となります。

スポンサードリンク

②白色の実線(連続線)

基本ルールとしては

はみ出し禁止の意味をもちます。

白の実線と破線は交通量や危険度によって

区分けされていると考えている人も多いかと思いますが

実は道路の幅によって使い分けされています。

白い実線:道幅6m以上「はみ出し禁止」

白い破線:道幅6m未満「はみ出し可」、「追い越し可」

さらに・・・

③黄色の実線(連続線)

このラインを追い越し禁止と思っている方が

多いのではないでしょうか?

実は黄色実線は厳密には

追い越しを禁止しているものでは無く

追い越しのためのはみ出し禁止を意味したものです。

はみ出さなければ追い越しは可能なんですが

実際には追い越しできるスペースが

ほぼない道路に使われているため、

実質的に追い越し禁止の意味合いをもっています。

また、黄色の実線でも路上駐車の車などを

避けるためにはみ出すのは問題ありません。

「なぜ実線に白色と黄色があるのか?」

と思う方がいるかもしれませんが

白色と黄色線は車線数によって使い分けされています。

ちなみに白線は黄色線と違って

はみ出さなくても追い越しができる

車幅のある道路に使われている傾向にあります。

さらにこんなセンターラインも・・・

白線二重線

複数車線のある中で特に注意が必要な

対向車線との境を示す線として

強調するために二重線が使用されます。

黄色実線で白色破線を囲う組み合わせ

このラインは「はみ出し禁止」となります。

黄色実線の間に白色の破線がありますが

この場合の白色破線はあくまで

対向車との境を表す中央線であることを

示すものであり、外側にある黄色実線が優先されます。

なお、黄色実線の間が白色実線の場合も

ケースとしてはあります。

ルールが黄色実線と同じであれば1本で済むのでは?

と思うかもしれませんが

この組み合わせの場合は

「中央付近の走行には注意しましょう」

という強調も兼ねて黄色が2本引かれています。

さらに・・・

黄色実線+白色破線の組み合わせ

2本の線のうち片方が白色破線、

もう片方が黄色実線の場合は

走行している側の線のルールに従う必要があります。

そのため、黄色実線側のみ

「追い越しのためのはみ出し禁止」

となります。

スポンサードリンク

中央分離帯

ラインと言うには違和感がありますが、

植え込みやガードレールが設置された

中央分離帯も道路交通法では

センターライン(中央線)の扱いです。

こちらを意図的に越えようとする人は

まずいないと思いますが

ルールは実線と同じはみ出し禁止です。

よく見ると内側に白の実線が引かれています。

では、黄色センターラインを右折しても

大丈夫なのでしょうか?

次のページで詳しくご説明いたします!

黄色センターラインを右折しても大丈夫?

ここまでのセンターラインの種類と

ルールについてご紹介しましたが、

ここで1つ疑問に思うことはありませんか?

「右折するのは大丈夫なの?」

ということです。

その答えは・・・

黄色センターラインは

追い越しのためのはみ出し禁止ですので

右折することを禁止するものではありません。

つまり、黄色センターラインの場所は

右折しても問題ないということになります。

ただ、ここで1つ注意しなければならない

ことがあります。

それは・・・

それは道路標識で右折禁止や直進、

横断禁止が出ていないかどうかということです。

黄色センターラインだったとしても

道路標識で右折禁止が出ている場合には

当然右折してはいけませんので

右折する際には道路標識の有無等を確認して

そちらに従うようにしてください。

さらに、ゼブラゾーンの認識を勘違いしている人が

続出なんだとか!

知らないと事故をした時に損をしてしまう!?

知っておきたいゼブラゾーンのルールとは・・・

右折車線などのそばに必ずと言っていいほど

設けられているゼブラゾーン(導流帯)

進入禁止だと考え、避けて走行している方も多いのではないでしょうか?

実はこちらのゼブラゾーンですが、その定義は・・・

「車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所」

特に進入禁止という事は無く、侵入したところで

それを取り締まる条文がなければ罰則もないそうです。

それどころか、ゼブラゾーンを走る車と接触した時に

とんでもない凡例があることが明らかになっています。

過失割合はゼブラゾーン走行車が有利!?

画像出典:nangoku-ski-club.sakura.ne.jp

上記写真のようにゼブラゾーンから

右折車線に侵入しようとしている赤い車と、

ゼブラゾーンを避けて右折車線に侵入しようとした

黒い車の接触事故の例を見てみましょう。

この場合だとゼブラゾーンを走行していた車の方が有利

になることが明らかになっています。

過失割合は、進路変更した側が70:後続車が30

というのが、判例の基本。

その理由はゼブラゾーンは走行不可ではないため。

そうなるとゼブラゾーンを走行している車からしたら、

前の車が不注意な車線変更で

進路妨害をしてきたことになってしまいます。

気をつけて走行していたのに、

過失の割合が高くなってしまうなんて最悪ですよね…

しかし、どうしてゼブラゾーンは進入禁止

という考え方が根付いてしまったのでしょうか?

ゼブラゾーンを進入禁止と考える理由

どうやらゼブラゾーンを進入禁止と考えるようになってしまった理由は、

日本人のその真面目さに原因があるようです。

例えば、下記の写真のようなゼブラゾーンは進入禁止になります。

画像出典:blog-imgs-96.fc2.com

すると、真面目な方はゼブラゾーンに入ってはいけない

という認識を持ってしまいます。

また、中にはゼブラゾーンは走行禁止

と教える教習所も少なくないようですね。

更にはゼブラゾーンに似た進入禁止ゾーンもあるため、

そちらの認識と勘違いしてしまっている人も多いのでしょう。

スポンサードリンク

間違いやすい標識

下記の指定区域内はいずれも進入禁止

または停車禁止区域に当たります。

画像出典:ds-hitachi.co.jp

①安全地帯

これは道路を横断する人のために作られた場所です。

・ 車両は進入禁止

・ 左側とその前後10m以内は駐停車禁止

・ 歩行者のいる安全地帯のそばを通るときは
徐行なければいけない

というルールがあります。

②立入禁止部分

こちらの立入禁止部分、かなりゼブラゾーンと似ていますよね。

そのせいでゼブラゾーンを進入禁止と

勘違いしてしまう方も多いのではないでしょうか?

ゼブラゾーンは進入禁止というわけではありませんが、

②の立入禁止部分は決して通行してはいけません。

③停止禁止部分

この停車禁止部分はよく消防署や警察署などの

前に設けられています。

こちらは進入禁止という訳ではありませんが、

緊急出動を必要とする際に

こちらの前に車があるとその妨げになってしまうことから

停車禁止になっています。

画像出典:ds-hitachi.co.jp

上記画像のように前方が車などで詰まっており、

停止禁止部分に停止してしまう恐れのある場合は

侵入してはなりません。

ネットの反応

・中央分離帯を無理矢理跨いで右折するベンツ見たことありますわ・・オバちゃんが乗ってた。目を疑いました。

・こんな基本的なこと知らないなら、運転しちゃいかんやろ。

・知ってはいるがこうやって改めて見てみるとなるほどと思ってしまう。たまに交通ルールの復習するのもいいね。

いかがでしたか?

交通違反になる前にしっかり学んで

安全に運転して下さいね!

出典元:youtube youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です