画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

意外と知らなかったガソリンに関する雑学5選!

『ハイオクをレギュラー車に入れるとどうなる?他』

最近は環境のことを考えてガソリンを使わない電気自動車も販売されていますが、まだまだ多くの車はガソリン燃料を使用するガソリン車です。

ガソリンスタンドとは?

ガソリンスタンド(和製英語: gasoline stand、アメリカ英語: filling station, gas station、イギリス英語: petrol station)または給油所(きゅうゆじょ)は、ガソリンや軽油などの各種エンジン用燃料を主として販売している場所。

ガソリンスタンドは和製英語。

高速道路のNEXCO3社ではガスステーションと呼称している。

また、元売会社や販売店、経済産業省などでは一般的にサービスステーションと呼称することからSSとも略される。

ガソリンスタンドでは、レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油などエンジン用燃料以外に、灯油や、エンジンオイルなどの潤滑油、更にそれ以外のカー用品など(タイヤやワイパーなど)も販売している。

また、併設している設備で自動車の洗車を行ったり、エンジンオイルやタイヤなどの交換、簡単な点検作業が行える場合がほとんどである(スタンドによっては車検を行っている所もある)。

一部では、レンタカー事業を併設したり、LPG自動車用の液化石油ガスを扱ったりEV用急速充電器を備えているところもある。

空港や飛行場が付近にあるガソリンスタンドでは、個人向けに航空用ガソリンの小売りや格納庫まで出向いての給油を行うところもある。

日本では給油中のサービスとして、自動車の窓拭きや灰皿の掃除を行う所もあり、行われないセルフサービス(セルフ)式ガソリンスタンドに対して、「フルサービス方式」と称される。

引用元:ガソリンスタンド – Wikipedia

Beautifully styled gas station in Slovakia

レギュラーとハイオク

ガソリン燃料にはレギュラーとハイオクの2種類がありますが皆さんは違いをご存知でしょうか??

今回はそんなガソリンに関する『ドヤ顔できそうな雑学5選』をご紹介します。

次のページもご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です