画像出典:youtube

『サイレンなしで赤色灯だけを回したパトカー』こんな意味があったのか!!

みなさんは普段運転をしていて、特に違反しているわけでもないのに

回転灯が点灯しているパトカーが

背後から接近してきて慌てたという経験はないですか?

なぜサイレンを鳴らさずに回転灯だけを点灯させているのでしょうか。

今回はそんな、パトカーの色々な意味をご紹介します!

意外と知らない人が多いようなので、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

そもそも、サイレンの音にはどのような意味があると思いますか?

パトカーのサイレンの音を真似してくださいと言うと

「ファンファンファン」と言うサイレン音を出す人が時々います。

刑事ドラマなどではいまだに使用されているサイレン音ですが、

実はこのサイレン音は現在、使われていません。

「ファンファンファン」という音は昭和40年代の頃、

警視庁で一時期採用されていたそうです。

現在のパトカーのサイレン音はというと・・・

ご存知の方もいるかと思いますが、

消防車と同じような「ウーウー」という音です。

言われてみればそうですよね!

厳密には、パトカーの場合は4秒くらいの周期で

「ウーウー」というサイレン音が鳴ったりやんだりします。

ちなみに、白バイはパトカーより少し高音の「ヒューン」というサイレンになります。

スポンサードリンク

消防車のサイレン

消防車は火災現場へ向かう時は「ウー」というサイレン音に加えて、

「カンカンカン」という鐘の音を鳴らして走行しています。

つまり、火災発生を意味します。

「ウーウーウー」は「救助」「救急」「警戒」などの

火事以外の災害現場に行く時で

「ウーウーウー」というサイレン音だけを鳴らして走行します。

「カンカンカン」は無事消化し、消防車が消防署に戻る時のサイレン音です。

火事が消えたことを知らせるために

「カンカンカン」という鐘の音だけを鳴らして走行しています。

これは知りませんでしたね!

また、火災現場などで消防車とパトカーが一緒に停まっている事が多いですが

役割は消防車は火消し、警察は交通規制や誘導などを行うためです。

さらに・・・

救急車のサイレン

救急車のサイレン音と言えば「ピーポーピーポー」を思い浮かべます。

実はこの音を聞くだけで少々不安感を募らせる人がいます。

そこで救急車は同じ「ピーポー」でも

住宅地を走る際は住民への騒音に配慮して

少し低めの「ピーポーピーポー」と鳴らして走行しているのです。

一方、交差点に進入する際などは多くの人々に存在を知らし、

注意を喚起するためにパトカーと同じ高音の

「ウーウー」というサイレンを鳴らします。

緊急車両のサイレンが聞こえたら

道をゆずる運転を是非とも心がけたいものですね!

スポンサードリンク

このように、サイレンには色々な意味があるのですが・・・

ではなぜ、サイレンを鳴らさずに回転灯だけを点灯させている

パトカーがいるのでしょうか?

これにはある驚くべき意味があったのです!

それがこちら!

サイレンなし赤色灯だけを回したパトカーの意味

パトカーが回転灯だけを点灯させて走行している時には、

次の3つの理由があります。

1.緊急性のない事件現場「交通事故など」に向かう場合

2.パトロールをしている場合

3.現在速度計測中のサイン

回転灯を点灯させて走っているとかなり目立ちます。

それを見た人はパトカーの存在を知るので、

事件や交通違反の減少に繋がります。

ちなみに消防車も火災予防のため、

赤色灯を点灯させて走ることもよくあるそうです。

スポンサードリンク

そしてスピード違反車を追尾して計測する時は

赤色灯を回しながら計測するという決まりがあります。

したがって、自分の後ろについたパトカーが赤色灯を回転させていたら

あなたはスピードを測られている可能性が高いのです。

これは要注意ですね!

ちなみに、覆面パトカーでもグリルの中の赤色灯を

回転させながらスピードを計測しているそうです。

それではここで、そんな覆面パトカーを見破る4つの秘訣を

こっそり教えちゃいましょう!

覆面パトカーの特徴・見極め方

一般ドライバーの方が気になる覆面パトカーの見極め方を、

4つのタイプ別にご紹介します!

1.代表的な車種で見極める

交通取り締まり用覆面パトカーは、

スポーツセダンタイプが圧倒的に多いです。

特にトヨタクラウンアスリート(200系)だそうです。

特に注意すべきな車種はトヨタのクラウン系と

日産のスカイライン、ティアナなどです。

スポンサードリンク

2.赤色灯・アンテナ・レーダーなどの装備で見分ける

覆面パトカーには、制服パトカーのような大きな警光灯(赤色灯)はありません。

交通用覆面パトカーは反転式警光灯、

捜査用覆面パトカーは着脱式警光灯を使用しています。

反転式警光灯は普段は外から見えないようになっており、

スイッチひとつで屋根にせり上がってくるタイプです。

配線がルーフに伝っている場合は着脱式警光灯である可能性が高く、

その場合は捜査用覆面パトカーであるといえるでしょう。

3.交通機動隊仕様のマークXで見分ける

交通取り締り用にトヨタのハイスペックなスポーツセダン

「トヨタ マークX モデリスタ +M」が2016年5月に

導入されたことが話題になりました。

やはり獲物は絶対に逃がさないという高い意識の表れでしょう。

スポンサードリンク

4.ナンバーや見た目で見極める

車種以外の見た目で見極める特徴はボディカラーです。

交通用覆面パトカーはクラウンクラスのセダンで

「黒」「白」「シルバー」が圧倒的に多いです。

覆面パトカーは地元ナンバーが多いことも特徴です。

(8ナンバーならほぼ確定的)

何故かというと警察は管轄をまたいだ県の取り締まりは出来ないからです。

例えば北海道や沖縄で「品川」や「多摩」ナンバーの

車両に出会っても覆面パトカーではありません。

その他、交通取り締まり用の覆面パトカーの

見た目の特徴として以下の3点も上げておきます。

それは・・・

覆面パトカーの見た目の特徴

①ボディがピカピカでキレイ

②左側の走行車線を法定速度で走っている

③制服警官二人が乗車している

ネットの反応

・「ファンファンファン」やら「ウーウー」のサイレン音が強くて気になる。

・後ろにパトカーがついたら怖くてスピード出せないよな。

・運転技術も高い警官がハンドル握ってるんだろうな。

・普段あまり意識したことが無いがこういう特徴があるんだね。

・捜査用覆面パトカーはテレビドラマなどでしか見たことない・・・

いかがでしたか?

パトカーや緊急車両のサイレンには色々な意味があったのですね!

覆面パトカーは怖いですが、普段から交通規則を

しっかり守って取り締まり対象になることは絶対避けましょう。

最近問題視されている危険な煽り運転なども、

覆面パトカーにビシビシ取り締まってもらいたいものですね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です