画像出典:youtube

ギザ10には意味があった!?意外と知られていない『ギザ10の意味とその消えた理由』とは・・・

あなたのお財布の中に昭和26年から昭和33年までに

発行された十円玉は入っていませんか?

通称「ギザ10」と呼ばれるこの10円硬貨。

実は10円以上の価値があります。

オークションやコレクターの間で通常より

高値で取引されているギザ10ですが、

年代によってその価値もだいぶ変わるそうです。

ではなぜ、ギザ10と言われるものが造られたのかあなたは知っていましたか?

実はこのギザギザにはある重要な意味があったのです!

それは・・・

意外と知られていないギザ10の意味

現在作られている10円玉にはギザギザが刻まれていません。

ではなぜ、ギザ10と言われるものが造られたのか。

ギザ10は昭和26年から33年までの間に造られた10円玉で

縁がギザギザの10円玉のことを言います。

コインの素材に貴金属が使用されていた時代、

コインのエッジ部分が削り取られてしまう事件が多くありました。

スポンサードリンク

つまり、一枚のコインのふちの部分を少しだけ削り取れば

わずかな金または銀を得られ、

コインそのものは額面通りに使用できてしまうわけです。

一枚から取れる分量はほんの僅かでも

100枚、1000枚から採っていけば莫大な価値になります。

そうした変造を防止するために

コインの発行者はエッジにこのようなギザギザの細工を施したのです!

いわゆるギザ10のようにエッジ部分が

ギザギザになっているのはその名残なのです。

さらに・・・

通貨の偽造防止の目的と、他の通貨との区別する意味で

ギザギザをつけたそうです。

そして、この頃は10円が最も高価な硬貨だったため、

最高額硬貨の印として使われていたそうです。

したがって、1円玉には最初からつけられていません。

昭和30年頃には50円玉硬貨、

32年には100円硬貨がデビューしましたが

もちろんこの2種類にもギザギザがつけられました。

スポンサードリンク

ではなぜ、現在作られている10円玉には

ギザギザが刻まれていないのでしょうか?

これにもある理由がありました。

それは・・・

ギザ10が消えた理由

ギザ10の価値というのは発行枚数によって変わってきます。

さらに、10円玉の価値は製造数に比例して小さくなります。

まずはこちらのデータを見て下さい。

ギザ10の年別の製造数と価値

昭和26年

製造数→101,068,000枚

価値→約15円

昭和27年

製造数→486,632,000枚

価値→約12円

昭和28年

製造数→466,300,000枚

価値→約12円

昭和29年

製造数→520,900,000枚

価値→約12円

昭和30年

製造数→123,000,000枚

価値→約15円

昭和31年

製造数→0枚

昭和32年

製造数→50,000,000枚

価値→約30円

昭和33年

製造数→25,000,000枚

価値→約100円

スポンサードリンク

このように、同じギザ10の種類でも年代によって価値に違いが出てきます。

昭和34年には物価の上昇によって高額貨幣ではなくなった10円玉には、

ギザギザが消えていったというわけです。

ギザ10が製造されなくなった今、

これから価値は更に上昇すると予想されます。

ネットの反応

・昔集めてました!ずっと持ってたら価値が出たのか・・・

・ギザ10は何枚か持ってるが、自動販売機に入れても返されるため、無くならない。

・27,28,29,32年の物を一枚ずつ持ってます!コレクターではないけど、全年代の硬貨が欲しいな。

・ギザ金好きで、昔は価値がわからないまま相当集めていたけど、唯一リスクがなく、販売機で手軽に集められるコインだよね。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

特に昭和32・33年のギザ10を持っている方は

コレクターでなくても使わずに保管しておくのが賢いでしょう。

ぜひ今後は、使う前にギザ10でないかチェックしたほうがいいかもしれませんね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です