通りすがりの「ひと言」が悲劇を招いた・・・『事故で片足切断。救急隊が止血している』なか起きた出来事

考えさせられる

凄惨な事故の現場に出くわしてしまい、目の前に瀕死の怪我を負ってしまった方がいる場合など、とても大変な状況を目の当たりにしたときに覚えておきたいことを、ひろと (@AirHiro0528)さんがツイート。

注目を集めています。

覚えておくべきこととは!?

事故で片足を切断、止血はしたが…

事故に遭い、不幸にも片足を切断してしまった方が。止血の処置をし、救急隊の到着を待っていたのでしょう。

「大丈夫だよ」

と応急処置をした人は、怪我した人に声をかけて励まし続けていました。

しかしそのあと、悲劇が…。

事故現場を通りかかった、一般の人が驚いてこんな言葉を口にしてしまいます。

「うわ、足ちぎれてるよ」

しかも、けがをしている方に聞こえるような大きな声で・・・

スポンサードリンク

怪我をした人は、まさか、自分の足が切断されてしまったとは思っていなかったのでしょう。

処置を受け、なんとか生きようと痛み・苦しみをこらえていたはずです。

この言葉の結果・・・

助かるかもしれない命が・・・その一言で・・・

その後、怪我した人は震えはじめてパニック状態に・・・

止血の処置をし、体を動かしていないはずなのに足から血が止まらなくなり、最後には亡くなってしまったそうです。

病院に搬送されて、適切な処置をすれば助かった命かもしれません。

それが最悪なことに、事故現場で命を落とす結果になってしまいました。

声を上げた人に責任はないけれど・・・でも・・・

声を上げた人に責任はないけれど・・・

この事例をしっかりと胸に刻み付けたいと思います。

スポンサードリンク

この出来事を知った方たちの反応

いかがでしたか??

今一度、この出来事から事故現場での行動には注意していきたいですね。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

いいね・シェアしていただき、拡散していただけると幸いです。

出典元:Twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です