洗濯槽を過去最高に綺麗にする裏技とは!?おうちにあるアレ使うだけ!!

雨の続く時期に困っちゃうのは洗濯物。

外に干せないってわかると洗濯できないですよね?

でも、ピンチはチャンス!

この機会に日頃できない洗濯機のお掃除をしてみてはいかがですか?

今回ご紹介するのは、ネットで話題になっている洗濯機を綺麗にする裏技です。

使用するのは・・・

画像出典:cdn.saita-puls.com

「ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ」

洗濯槽の黒カビお掃除に最強だ!という口コミが多数ありました。

洗濯槽のお掃除で注目されているのが『過炭酸ナトリウム』です。

画像出典:cdn.saita-puls.com

洗濯の時に、どうしても発生してしまう石鹸カス・洗剤カス、黒カビの汚れを

除去するのに有効とされています。

それでは早速試してみました!

まずは、糸くずフィルターや洗剤の投入口を綺麗にします。

綺麗なタオルなどで拭ける箇所も拭いて綺麗にします。

そして、洗濯槽いっぱいに40〜50度のお湯をためます。

※ 過炭酸ナトリウムは水の温度が高い方が洗浄効果が高くなります。

そこに、ワイドハイターを投入!

画像出典:cdn.saita-puls.com

スポンサードリンク

入れる分量はお湯10Lに対して、100g程です。

我が家の洗濯機の水位はMAXで55Lなので530gあるワイドハイターをすべて入れました。

入れた瞬間、しゅわ〜と音を立てながら真っ白に!!

なんだか期待できます!

ご覧の通り、入れただけなのに汚れが!!!

画像出典:cdn.saita-puls.com

洗うモードで5分程回してから見える汚れは網ですくって取り除きました。

ちなみに網は100均のお風呂ネットロングを使用。

下の奥の方までバッチリすくえました!

そして・・・

時間をおいたら、また5分程、洗うモードで洗濯機を回します。

汚れがピロピロと出てくるので根気よく取りつづけます。

この作業が1番大変ですが、1番大事です!

この汚れと一緒に洗濯物を洗っていたと思うと、ゾッとしてしまいますね。

ほぼ、取り合えたら1度排水。

そして、すすぎと脱水を汚れがなくなるまで続けます。

そろそろ大丈夫だなと感じたら、1度洗剤も何も入れずに洗濯機をいつものように回します。

(汚れがまた出たら停止して汚れをすくい綺麗になるまでこの作業を繰り返します)

そして完成!!!

ピッカピカになりました!!!

画像出典:cdn.saita-puls.com

2〜3ヶ月に1度、お掃除することによって、洗濯槽の綺麗さが続くようです。

梅雨時期はどうしても黒カビが発生しやすいので1ヶ月に1度お掃除をするのがオススメです。

他にも洗濯の手間を減らしてくれる、おすすめの裏ワザをご紹介します!

洗濯の裏技10選

1.シャツの汚れ防止法

白いシャツは襟や袖が汚れで黒ずんでしまうことが多いですよね。

そのたびに専用の洗剤を使ったり、手洗いをしたりするのは面倒だという際には、

「ベビーパウダー」を使ってみてはいかがでしょうか。

シャツを着る前に、汚れがつきやすい襟や袖にベビーパウダーをはたいておくだけで、

汚れが付きにくくなりますよ。

同じく汚れが目立つ白い靴下にも使うことができます。

2.ボタン部分のスムーズなアイロンの方法

シャツのアイロンがけの際、ボタンの部分のアイロンがけに手間がかかってしまいますよね。

そんな時用意するのは、縦に8つ折りにしたバスタオルだけ。

その上にボタンが下になるようにシャツをのせたら、あとは裏からアイロンをかけてみてください。

バスタオルにボタンが沈み、スムーズにアイロンをかけることができますよ。

3.ニットの毛玉を簡単にとる方法

できてしまった毛玉には食器洗い用のスポンジがおすすめです。

固い面と柔らかい面があるタイプのスポンジを用意してください。

スポンジの固い面の方で、ニットを撫でるだけで、あっという間に毛玉がとれる場合があります。

この際、力を込めずにやさしくなでるようにしましょう。

4.洗濯槽のカビを防ぐ方法

せっかく洗濯をしたのに、黒い汚れが洗濯物についてしまっていると嫌なものですよね。

この黒い汚れ、実は洗濯槽のカビなのだそうです。

そんなカビや雑菌を防ぐために、なるべく洗濯槽に湿気をこもらせないようにすることが大切です。

洗濯が終わった後には、洗濯機のふたを開けておき、湿気を逃がすようにしてください。

スポンサードリンク

5.タオルをふわふわにする方法

柔軟剤を使ってもゴワゴワしている時は、タオルを干すときに10回以上、タオルを振ってみてください。

脱水したときに倒れてしまったパイルが、振ることで起こされるため、ふわふわになる場合があります。

6.乾燥の時間を短縮する方法

乾燥機を使用する際には、乾いたバスタオルを2枚、他の洗濯物といっしょに入れてみて下さい。

乾燥の時間を短縮できる場合があり、節約にもなります。

7.食べこぼしの染み抜き法

食べこぼしなどの汚れには、洗濯用洗剤ではなく、

食器用の中性洗剤を使用することをおすすめします。

あっという間に汚れが落ちる場合があります。

8.部屋干しの時間を短縮する方法

部屋干しには、洗濯物を早く乾かすためにいらなくなった新聞紙を用意してください。

洗濯物の下に新聞紙を置いておくと、新聞紙が湿気を吸うため、

普段よりも1~2時間は早く洗濯物が乾く場合があります。

9.乾燥機なしで洗濯物を手早く乾かす方法

洗濯物を急いで乾かしたいが、「乾燥機がない」「コインランドリーに行く時間がない」という時には、

厚手のゴミ袋に洗濯物をいれて、ドライヤーで乾かしてみましょう。

乾燥機で乾かしたような効果が得られる場合があります。

ただし、ドライヤーで乾燥させる際には、やけどに気をつけてくださいね。

10.洗濯物についたティッシュをとる方法

洗濯物についてしまったティッシュを、地道に手で取るのは気が遠くなる作業ですよね。

手で取る代わりに、ティッシュがついた状態で乾燥機に20分いれてみましょう。

急速に乾燥させることで、あっという間にティッシュが取れる場合があります。

いかがでしたか?

今回の裏ワザを使えば、洗濯の手間を減らし、

面倒な家事へのストレスを減らすことができそうですね。

ぜひ、あなたも試してみてください!

出典元:saita-puls.com mamanoko.jp

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です