道端に落ちている「赤い封筒」を絶対拾ってはいけない!!警察ですら拾わないその理由とは・・・

皆さん、道端に落し物が見つけた時、どんな対応をしますか?

多くの人は、落し物を見つけたら拾い、持ち主へと戻るように

警察や施設内の職員などに渡しますよね。

しかし、台湾では、持ち主へ届けるどころか、触れることですら許されない『ある落し物』が

存在するようです。

そのある落し物とは『赤い封筒』

この赤い封筒を誤って拾ってしまうと、本当に取り返しのつかない事態へと発展してしまうのです。

今回、身近である台湾へ行く際には必ず知っておかないとならない、『赤い封筒』についてご紹介します。

番組で紹介された台湾の不思議

それは世界のクレイジーなカルチャーを届ける番組で紹介されていました。

ちなみに台湾はどんなイメージでしょうか?

日本から近いうえに、治安も良く、食事も美味しいと良いこと尽くめの台湾ですが、

一つだけ知っておかなければならない台湾独自の奇妙な風習があります。

『知らなかった!』と言っても時すでに遅し。

誤って拾ってしまうと…本当に取り返しのつかない事になるんです!

続きをご覧ください!

『赤い封筒』の中身

中身はなんと・・・現金。そして、写真や大量の髪の毛なんです!

身の毛もよだつ…驚愕の中身。

この封筒には触れてはならない理由があったのです。

それは・・・

『赤い封筒に触った人間は、死者と結婚しなければならない』

実はこれ『冥婚(めいこん)』と呼ばれる風習で、死者を弔う際、

その魂がまだこの世にあるうちに異性と婚礼を挙げさせ、夫婦としたのち、

死の世界(仏教で言うあの世など)に送り出すというもの。

(現金は“結納金”と同じような意味合いがあり、写真や髪の毛は故人のモノになります。)

台湾の民間には独身のまま娘が亡くなると、家族はお金を入れた赤い封筒を道に置き、

これを拾った男性と亡くなった娘を結婚させるという風習があるのです。

実際の冥婚の写真がこちら・・・

実際の冥婚の写真

人間の女性に見立てた花嫁人形と結婚式を挙げる男性。

うっかり拾ってしまったとはいえ…これは本当に取り返しがつきません。

なお、対象となる相手は基本的に未婚男性ですが、

ときに既婚男性や未婚女性の場合もあるとのこと。

スポンサードリンク

この奇習を恐れ、道端に赤い封筒が落ちていた場合には、

警察へと連絡するのが現在の主流となっているようです。

しかし、現地の到着した警察も、赤い封筒に触れることを躊躇するほど、

この封筒を恐れているのだとか。

ですが、社会全体が貧しかったころには、赤い封筒が落ちていれば必ず現金が入っており、

男性が率先して拾ったそうです。

その理由は、冥婚することにより男性は遺族から婿として金銭や土地をもらえるだけでなく、

神仙を妻とすることで運気がよくなるといわれていました。

なので今と昔では捉えられ方が全く逆だったのですね。

それでもなんだか不気味ですね。

また、現金が目的で、拾って逃げるという輩も稀にいるそうですが…

周囲には家族や親戚が隠れており、拾った瞬間、取り押さえられるそうです。

風習とはいえ、これはだめな気がします。

台湾でも、ニュースになるほどの『赤い封筒』。

ガイドブックにも載っていない…驚愕の風習。

現地の警察官ですら拾わないというのですから、台湾旅行に行った際には、

冗談で拾うなんてのはもってのほか!絶対に拾わないよう…ご注意下さい。

いかがでしたか?

現代では、冥婚のために赤い封筒を置くケースはほとんどないようですが、

田舎ではまだあるという説があります。

いずれにせよ、赤い封筒には触れないほうがよさそうですね…。

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です