キラキラネームが完全に限度を超えている!>そのキラキラネームをつけられた子供たちの末路とは・・・

一時期話題になったキラキラネーム。

話題は一時でも、きらきらネームをつけられた人の人生は死ぬまで続きます。

きらきらネームをつけられた人がどんな人生を歩んだのか、気になりませんか?

今回は、そんなきらきらネームをつけられた子供たちの末路をご紹介します。

キラキラネームってそもそも何?

そもそもキラキラネームというのは、一般常識から外れたような珍しい名前や、

読めないような当て字を使った名前などのことを言います。

別名DQNネームと呼ばれることも。

スポンサードリンク

急増したのはいつから?

キラキラネームが急増したのは2000年代に生まれた人々からだと

言われていて、もともとネットなどではDQNネームと呼ばれていたものを、

メディアが配慮してキラキラネームと呼ぶようになったのだとか。

この、キラキラネームという呼び方にも賛否両論あって、

一部の専門家などは中立的な立場を保ちたいと

『珍奇ネーム』と呼んでいるのだそう。

では、実際にどんなキラキラネームがつけられているのでしょうか。

すごすぎるキラキラネームの数々

スポンサードリンク

ただ単に読めないだけではなく、へんな意味を持ってしまうと、

家庭での荒事とも言えそうですよね。

そんなキラキラネームをつけられた子供たちは

驚きの末路を迎えていたのです!

結婚を猛反対!

知人がDQNネームの女性を結婚相手として両親に紹介したら
「素敵なお嬢さんだけど、名前が普通じゃないって事は親が普通じゃないんだから、
そんな連中と親戚になるのは無理」と猛反対されたらしい。
女性に全く罪は無いし酷い話だとは思うけど、
ご両親の気持ちもわかる…DQNの親戚しんどい

— れご (@okotan4405) 2015年1月19日

仕事の名刺交換の際も・・・

スポンサードリンク

さらに命にかかわる事態にも・・・

就職・結婚だけでなく、命の危険にもなりうるキラキラネーム。

大人になってからでは遅いと、学生の間に改名しようとする人が多いようです。

しかし、そう簡単には改名出来ない場合も!?

改名したい場合はどうする?

改名したい場合、漢字を変更せずに読み方を変えるだけなら、

役場の住民票の窓口で簡単に変えられるのだそう。

これは嬉しいですね。

しかし、戸籍上の氏名の漢字表記を変えたい場合は、

家庭裁判所の許可を受けてから法務局に申請しなければいけません。

スポンサードリンク

改名の手続きはあまりに煩雑なので、

確実に改名したい場合は弁護士などのプロに依頼することもあるそうです。

そうなると依頼料や相談料もかかってしまうので、

金銭的に余裕がないとできないですよね。

いかがでしたか?

子供に罪はないのに、ひどすぎる!思わずそう言いたくなるほどの

キラキラネームがたくさんあるんですね。

私はありきたりな名前ですが、それだけでも親に感謝です。

出典元:youtube twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です