スーパーで「買うのをやめた商品」を別の棚に置くのは絶対ダメ!マナーを巡る、ある投稿に注目が集まっています!

みなさんはスーパーで買い物をしていて、購入するつもりで手にとった食料品を

また棚に戻すとき、きちんと元の場所に置いていますか?

そうするのが当然なのですが、たまに別の売り場に置いてあるのを見かけますよね?

スポンサードリンク

この置き去りにされた商品は、一体どうなるのでしょう?

今回は、そんなスーパーでのマナーを巡る、ある投稿をご紹介します!

投稿者さんがスーパーに行った際のこと・・・

なんと、置き去りにされた商品は不審物として廃棄処分されていたのです。

なんとも考えさせられる行為…。

「売り物としてダメにする」という以上、たしかに商品の置き捨ては、

万引きと変わりありません。

この投稿には、多くのスーパー店員さんも賛同の声を上げました。

スポンサードリンク

他にもスーパーでの迷惑行為をご紹介します!

店員さんが思う、迷惑なレジマナー

1.会計中にレジを離れて買い足し

空いている時ならまだしも、混んでいるときにやられると困ってしまいますね。

客だからってなんでも自分勝手な行動が許されるわけではありません。

2.電話しながら、もしくはイヤフォンをしながら会計

店員側からも何かしら声をかけることがあるかもしれませんし、

そもそもレジ打ちしてもらっている最中にそんな態度は失礼ですね。

スポンサードリンク

3.レシートを避ける

「レシートいりません」と一言告げるか、レシートを受け取って

不要レシート入れに入れるかすればいいのに、なぜか無言で避けようとするのは、

とても感じが悪いですね。

いかがでしたか?

お客さんは、あくまで「お客さん」。

他人の敷地に招かれた立場として、常識ある行動を心がけてほしいものですね。

出典元:twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です