車の危険なクセTOP10!75%のドライバーが無意識にやっているあるクセとは・・・!?今すぐ見直した方が良い危険なクセTOP10!<

車を運転する時って人それぞれのクセがありますよね?!

シートの座り方やハンドルの握り方、等々一歩間違えると事故に繋がる危険なクセを見直すために・・・

75%の人がやってるかも知れないクセのTOP10を大公開!

10位.間違った運転姿勢

画像出典:shutterstock

座席を倒して浅く腰掛ける人を良く見かけますが、これはシートベルトの機能を生かせず、腰痛の原因にもなる悪い姿勢の典型なのです。ドイツで2009年にアンケートを実施したところ、75%の人が悪い姿勢に該当していました。

正しい座り方は、目の位置がフロントガラスの中央に来るように背を立て、臀部はシートの背もたれにしっかり当たるよう深く腰掛けることです。

スポンサードリンク

9位.シフトレバーに手を乗せっ放し!

画像出典:shutterstock
マニュアル車の場合は、余計な負荷をミッションに与えることになりますし、シフト抜けする場合もあります。AT車の場合は誤ってドライブモードにギアチェンジ、暴走の危険性もあります。

8位.クラッチを踏んだまま停止する

画像出典:shutterstock
クラッチを踏んだまま停止していると半クラッチの状態が続き、クラッチやベアリングが摩耗していきます。よって信号待ちの時などはミッションをニュートラルにして、ハンドブレーキを引いて停止することが望ましいのです。

7位.無理な据え切りハンドリング

画像出典:shutterstock
縦列駐車や狭い駐車場で、頻繁に据え切りと言われる停止した状態でハンドルの切り返しを行うと、ドライブシャフトやステアリングロッドの痛みを早めます。

6位.ルーフに雪を積もらせたまま運転する

画像出典:shutterstock
ブレーキをかけた勢いでルーフに積もった雪がフロントガラスへ落ち、重大事故に繋がる危険性があります。

5位.サンダル・ハイヒールなど運転に不適切な履物

画像出典:shutterstock
サンダルやハイヒールなどは運転に相応しくありません。アクセルやブレーキ操作がやりづらく、特にサンダルなど脱げやすいものがブレーキペダルの間に挟まると大変危険です。

スポンサードリンク

4位.フィギュアなどをダッシュボードに固定する

画像出典:shutterstock
これは女性に多いかも知れませんが、エアバッグが開いた時などこのようなフィギュアを巻き込むと凶器に変貌します。

3位.タイヤの点検不足による空気圧の低下

画像出典:shutterstock

高速走行の際には必ずガソリンスタンドで空気圧のチェックと調整をしてもらいましょう。空気圧の低いタイヤで高速道路を走行するとタイヤがたわみ、重大事故に繋がります。

スポンサードリンク

2位.過度なアイドリング

画像出典:shutterstock

過度のアイドリングはエンジン寿命を縮めます。勿論、一酸化炭素を充満させることになるので、環境には勿論、場合によって中毒の恐れも…

1位.運転中のスマホ閲覧や操作

画像出典:shutterstock

言うまでもなく運転中のスマホは絶対だめです。注意散漫になり、追突や人身事故に繋がります。電源はオフにして置きましょう。

■注意散漫な運転は、こんな追突事故を引き起こすリスクが極めて高いのです。

画像出典:shutterstock

いかがでしたか?

緊張を強いられることが多い車の運転ですが、以上の10項目を必ず念頭に置いて運転するよう心がけましょう。

ネットの反応

・ドライビングポジションは重要 浅く腰掛けシートを倒すことがかっこいいと勘違いしている人間の多い事

・スマホは絶対だめ!

・運転席でDVDやTVが見られるようにしていた奴が知り合いにいたけど、あれは違反だよね

・縦列駐車のハンドル据え切りはやってしまうな…

無意識にやってしまうというところが怖いですね。

シートの座り方や運転中の注意は日頃から意識しないと直りません。

また車の定期点検も重要です。

画像出典:shutterstock
出典:www.chietoku.jp

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です