あなたはどう思いましたか?ある女性の体験談。店員に『たった14000円の婚約指輪だなんて・・・』と笑われた花嫁の返答に共感者続出!

皆さんは、婚約指輪の価値をどう思いますか?

『特別なことだから高額で良い物が良い』

『指輪の値段なんて気にしない。それよりも気持ちが大切』

などなど他にも様々な意見があるかと思います。

今回紹介するのは、テネシー州に住む22歳のアリエル・ディジリーさんが投稿した出来事。

スポンサードリンク

アリエルさんの物語

彼女が投稿した内容が反響を呼んでます。

アリエルさんはコミュニティサービスの事務所に勤めでいます。

恋人のクインは中古車ディーラーで働いている。

それでも二人は節約する生活を送っていました。

交際期間も2年となり、結婚を決意します。

アリエルさんはクインさんに

「親友と結婚できるだけで幸せだから指輪は要らない」

と言います。

ですが、クインさんも漢です。

そこはこっそりと愛するアリエルさんのために貯蓄をしていました。

スポンサードリンク

ジュエリー店へ

アリエルさんとクインさんはついに二人でジュエリー店へ・・・

購入したリングは、ルバーとキュービックジルコニアのリング。

お値段は130ドル(約13,700円)。

二人は胸を躍らせ、愛の証しとしてリングの会計を待ちます・・・

すると・・・

そのジュエリー店の店員がつぶやきます。

聞こえる程のつぶやきならもうつぶやきじゃないですが・・・

『これを婚約指輪として買うなんて信じられる?みじめすぎるわ』

と・・・

店員のつぶやきを聞いたクインさん

当然です。クインの顔はみるみる曇り、がっくりと肩を落としてしまった。

そしてクインさんは『本当に君はこれで幸せなの? これでいいの?』と不安そうに聞いてきたというのだ。

アリエルさんの意見

クインさんの様子を見たアリエルさんはその女性店員に

『重要なのは指輪そのものじゃない。それを買う、という愛こそが大切なのよ』

と反論し、指輪を受け取ってその場を去った。

スポンサードリンク

アリエルさんは疑問を投げかける

『私達の国はいつから、男性が3,000ドル以上の派手な指輪を買わないと愛を伝えられないような国になってしまったんでしょう。

指輪は本当に素敵で、あのときの気持ちは最高だった。他の人たちの体験に勝るとも劣らないものだった。

なぜモノが愛と同一視されるのでしょうか。私の夫は、宝石を買う余裕がなかったから私に嫌われるのではないかと考えました。

私が欲しい指輪を買えなかったから、私の愛が薄れるのではないかと恐れました。

世間がこのようにしてしまったんです。本当に悲しいことです。

でも、裁判所での結婚、130ドルの指輪、夫からの精一杯の愛情は、想像していたよりもずっと幸せなんですよ』

彼女の投稿は共感を呼びます

なんと65,000回を超えるリアクション得ることになり、

『なんて素敵なストーリー』

『身の丈に合うものを選択したことはとても賢い』

『私の指輪も見て』

『私のは25ドルだったのよ』

というように様々なジュエルの写真や反応コメントが寄せられました。

いかがでしたか?

わたしは、指輪をプレゼントする男性の真心があればどんなものでもいいと思いました。

そもそも、男性が一方的にプレゼントするだけの婚約って一体いつからそうなったのでしょうか?

仮に思ったものと違った指輪だったとしても大好きな彼がプレゼントしてくれた指輪なのだからうれしくてたまらないはずです。

二人と関係のない他人がとやかく言えるようなことではないと思いました。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

出典元:facebook
(facebookの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です