画像出典:twitter

『野生の熊にエサをあげないで!』観光客が何気なく与えたソーセージ。その後あってはならない悲劇を招くことに・・・!

今回は、あるTwitterユーザーさんが紹介した

知床のヒグマの物語に大きな反響が集まっているのでご紹介します。

「ソーセージの悲しい最後」と題されたこの文章は、

知床の保護管理活動を行なっているNPO「知床財団」が作成した

チラシに紹介されていたものです。

私たち人間が自然に及ぼす影響に対して警告を発する内容になっています。

ぜひご覧ください。

北海道知床のヒグマ

北海道の知床は国立公園でもありながら世界自然遺産にも指定されており、

恵まれた美しい風景や生態系を見に国内外から絶えず多くの観光客が訪れます。

人の手が入らない雄大な原生林が多くの野生動物を育み、

そのなかには北海道を代表する野生動物であるヒグマも含まれます。

しかしここ数年、このヒグマの市街地出没が増加の傾向にあり、

人に害をもたらす事態となっているのです。

スポンサードリンク

ソーセージの悲しい最後

「コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。

初めて出会ったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。

翌年の夏、彼女はたくさんの車が行きかう国立公園入口近くに姿を現すようになった。

その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。

観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。

それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。

人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、

彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。

そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。

我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。

かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。

我々は彼女を必死に追い払い続け、厳しくお仕置きした。

人に近づくなと学習させようとしたのだ。

しかし、彼女はのんびりと出歩き続けた。

翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。

呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。

そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べはじめた。

もはや決断のときだった。

子供たちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。

私は近づきながら弾丸を装填した。

スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。

そして、叩きつける激しい発射音。

ライフル弾の恐ろしい力。彼女はもうほとんど動くことができなかった。

瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。

彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。

それは、たった1本のソーセージで狂いはじめた。

何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。

けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。」

スポンサードリンク

ネットの反応

・餌付けをしたらこうなるのか…悲しいなぁ。

・この記事読んだ後、号泣してしまった…

・悲しいニュースですがこれがたくさんの人に広まって熊も人も住みやすい環境になってほしいです。

・餌付けというエゴが招いた悲劇。

・このような悲劇を招くことを知らなければ自分は間違いなく 「餌をやる愚かな行動」 をしてたでしょう。

いかがでしたか?

クマが人里に出てくるのは、餌やりやゴミの不法投棄などによって

人間は餌をくれるものとクマが認知してしまうためなのです。

私たちには、野生動物に対する根本的な意識改革が必要なのかもしれません。

野生動物には絶対に餌をあたえない。

クマに遭遇した場合は十分に距離を取り、決して車から降りたり、近寄ったりしない。

「世界遺産化により観光客が増え自然が荒らされる」とよく言われますが、

ここにもまた、心ない観光客によって残すべき宝が少しずつ破壊されている悲しい現実がある

ということを知っていただきたいです。

出典元:twitter

(twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です