画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

嫁が昆布をふきんで拭いていた

俺「それはダメだろ!」だが、実家の母に話したらそれが正しいと怒られた。すぐに謝ったが・・・

今回ご紹介するのは、ある夫婦のお話です。

昆布をふきんで拭いていたお嫁さん。

旦那さんが「汚ねぇ!」と怒鳴ったのですが、

後々それが正しいとわかりました。

すぐに旦那さんは謝ったのですが・・・

このあと一体どうなってしまうのでしょうか?

昆布について

コンブ(昆布)は、不等毛植物門褐藻綱コンブ目コンブ科 (学名:Laminariaceae )に属する数種の海藻の(一般的)名称である。

生物学が生まれる以前からの名称であるため、厳密な定義はできないが、葉の長細い食用のものがコンブと呼ばれる傾向がある。

コンブ科に属する海藻でも、オオウキモ(ジャイアントケルプ)は通常、コンブとは呼ばれない。

生物学ではカタカナ書きの「コンブ」が使われるが、単なる「コンブ」という種は存在せず、マコンブやリシリコンブ、ミツイシコンブなどのように、コンブ科植物の種の標準和名に用いる。

他方、食品など日常的には昆布やこんぶ(こぶ)の表記も使われる。ウェブスター辞典などにもそのままkombuとして記載されている。

コンブ科の海藻は、日本では北海道沿岸を中心に三陸海岸などにも分布し、寒流の親潮海域を代表する海藻であり、また重要な食用海藻であるだけでなく、大きな藻場を形成し多様な生態系を保つ働きもある。

日本のコンブ生産量は約12万トン(2005年度 生重量)。

生産量全体に占める養殖物の割合は約35パーセント(2005年度)。

天然物の生産量の95パーセント以上を北海道が占める。また、中国でも80万トン前後が養殖されている。

北海道の函館市沿岸ではマコンブの養殖が盛んに行われている。

マコンブは2年生のため、その養殖には2年の時間と手間が必要であり、2年栽培のものに近い質を目指した1年の促成栽培もある。

また、産業上重要種であるミツイシコンブ、リシリコンブ、オニコンブに関しても、その養殖法は確立されている。その他の種に関しては天然の現存量が多い、もしくは前述の種より利用価値が低いことから、養殖法が確立されていない。

引用元:コンブ – Wikipedia

スポンサードリンク

誰かいたら聞きたい

一昨日から嫁さん怒らせて口聞いてもらえてない。

俺が嫁さんの作った料理を流したのが原因。

別にメシマズとかじゃないんだ。

たまたま嫁さんの料理中にキッチンに行ったら

ちょうど昆布をふきんで拭いて鍋に入れるとこだったんだよ。

それで・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です