画像出典:mybro.com

朝にこれをしてはいけない!?『気をつけるべき17の習慣!』

あなたは朝起きたらまず何をしますか?

誰にでも欠かせない朝の習慣ってありますよね。

でもそれが、実は間違った習慣かもしれません。

そこで今回は朝にしてはいけないと言われている

17の習慣をご紹介します!

あなたもチェックしてみて下さい!

1.激しい運動

朝起きてすぐにランニングなどの

激しい運動をすると、血圧が急上昇したり、

筋肉が硬くなっているために怪我をしたりしやすいのだとか。

このような運動は、夕方から夜にかけて行うのがベストです!

2.カーテンを閉めたままにしておく

人の体は日光を浴びることでリズムが生まれます。

特に朝日は脳を活性化してくれる

脳内ホルモンのセロトニンの分泌を促進してくれます。

そのため、起きたらカーテンを開けて

朝日を浴びるようにしましょう!

スポンサードリンク

3.熱いシャワーを浴びる

熱いシャワーを浴びると体がリラックスするため、

眠くなってしまうこともあるようです。

逆に冷水のシャワーには良い効果ばかりで、

リフレッシュや脳に対する快適な刺激になるのだとか。

4.朝食を食べない

朝食を食べない人も意外と多いのではないでしょうか?

朝食は胃が満足するだけでなく、体を動かす活力になります。

空腹のままで過ごしていると、

イライラしたり集中力が落ちてしまうことも‥。

でも食べたくない!という方は

チョコレートなどの糖分を摂取すると良いそうですよ!

5.スヌーズ機能を利用する

何分かおきに起こしてくれる

目覚ましのスヌーズ機能って便利ですよね。

でも一度目覚めてから10分ほどの睡眠を取ろうとすると、

体はそのような短時間では終えることができない

睡眠サイクルを作り出してしまいます。

必要な睡眠時間を計算して、

その時間にアラームをセットした方が良いそうです。

ちなみに平均的な成人男性が必要とする

睡眠時間は7.5時間と言われています。

意外と多いですよね!

6.顔をゴシゴシ洗う

冷たい水で顔をゴシゴシ洗うと

気分もスッキリした気持ちに!

でも洗いすぎは肌の老化の元なので、

朝は洗顔料を使わずにぬるま湯で

優しく洗い流すだけで充分です。

7.着る服を決めるのに時間をかける

朝は忙しいので、なるべく洋服を選ぶ時間は

短くしたいですよね?

そのポイントとしては選択肢を減らすことです。

アップルのスティーブ・ジョブズ氏や

フェイスブックの創設者のマーク・ザッカーバーグ氏は

常に同じ服を何着か持っていて、

選ぶ時間をかけないそうです。

スポンサードリンク

8.シャワーを浴びない

朝のシャワーは脳を活性化させ、

物事に集中する力を与えてくれるため

問題解決能力をアップさせる!と言われています。

また同時に発想力や想像力も豊かになるので、

朝起きてからシャワーを浴びた方が良いのだとか。

9.スマホやパソコンのチェック

朝起きてすぐにスマホやパソコンを

チェックしていませんか?

これも実はNG行為で、新しいメッセージなどが届いていると

気になってゆっくり朝を迎えられなくなってしまいます。

チェックするなら仕事の前か、移動時間に!

10.コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインは眠気覚ましに効く!

と言われていますが、朝一のカフェイン摂取は

下痢や腹痛を引き起こしやすいそうです。

朝からコーヒーを飲むなら朝食後がベストだそう。

朝はコーヒーだけという方も多いのでは?

11.朝食後すぐに歯を磨く

食後すぐの間は、歯のエナメル質が弱った状態になります。

特に食事に多くのクエン酸やリン酸を多く含む

果物や柑橘類を食べると、この状態がより顕著になります。

朝食後、すぐに歯磨きをする場合は

ブラッシングは一切せず、水でうがいをし、

デンタルフロスなどで歯の汚れを取り除くとよいでしょう。

ぜひ食後30分待ってからの歯磨きをおススメします!

12.すぐにベッドメイクをする

子どもの頃、起きたらすぐに

ベッドメイクをするように言われたことはありませんか?

しかしそれが、家ダニにとって最高の繁殖環境を

作り出すことに・・・

家ダニは喘息やアレルギーといった様々な症状をもたらします。

起床後はシーツを乾燥させるために、

掛け布団をすべて外しておくとよいでしょう!

13.すぐに音を耳に入れようとする

家を出たらすぐにイヤホンを耳の中に突っ込んでいませんか?

でも朝は、お気に入りの音楽を流すのをグッと我慢し、

外の音に耳を澄ましましょう。

車が走る音、周りの会話、鳥の音。

ノイズキャンセリングのイヤホンを引っこ抜くと、

大きな世界が見えてくるはずです。

スポンサードリンク

14.水を飲まない

健康にまつわるお悩みって、案外お水を飲むと解消されるもの。

頭痛、疲れ、そして電車が30分遅延していると

知ったときに感じる苛立ち…。

一日の摂取目安は9杯(2.12L)

ですが、まずは2杯を目指してみて下さい。

仮に1杯しか飲めなかったとしても、

一切飲まないよりかはマシなはずです。

15.瞑想する時間を作らない

一日の平均呼吸数は17,000回です。

一定のリズムで深く息を吸うと

心拍数と血圧はほぼ一瞬にして下がるそう。

始めるのを躊躇する人が多い「瞑想」。

ですが、これをきっかけに起床直後に

「静かに呼吸に集中する時間」

を10分だけでも設けてみるのはどうでしょうか?

スポンサードリンク

16.一日のスケジュールをパンパンに詰め込む

毎朝目を覚ますと「きょうも長い一日になるなぁ」

と思っているあなた。

だってあなたの”通常の一日のスケジュール”と言えば、

ランチタイムにふたりの友だちとコーヒーデート、

退勤後はジムでワークアウト、それから友だちとの飲み。

そりゃぁ、長いと思って当然です。

ならばそこまでパンパンにスケジュールを詰め込まず、

一日の終わりには明日のエネルギーを蓄積できる

「リラックス時間」を作りましょう。

17.人と交流しない

人間は、人との会話やつながりを必要としています。

しかし朝の習慣の中では人との関わりが

発生しないことも多いですよね?

そこで、ぜひ努力して起床してから数時間以内に

人と会話するよう心がけてみて下さい。

家族、ルームメート、カフェの店員、同僚など、相手は誰でもいいです。

毎朝少しでも意味のある会話を交わすことで、

一日の生産性が上がるだけでなく、

自分の気分も向上するのを実感しましょう!

ネットの反応

・スマホチェックはついついやっちゃう。
やめられるように努力しよ。

・冷水シャワーは体にいいんだろうけど、苦手。

・起きてすぐにこれ見ました(笑)

・あれートイレの話はないんか・・・

・夏は冷たいシャワーいいけどな。

・シャワーは心筋梗塞とかその辺大丈夫なのかな?

・そういえば、アイスは冷えた体を暖めようとして

カロリー使うから太らないってデマがありましたよね。

いかがでしたか?

みなさんはこのような朝の習慣が身についていませんか?

ちなみにトイレでスマホもNGで、ゆっくり用を足せない上に、

スマホが雑菌だらけになって汚いそうです!

たしかにそうですよね・・・

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です