画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

落下中にジャンプしたら助かるはホント!?『エレベーターが崩落した時に助かるには?5選』

エレベーターは便利な乗り物で、

足の不自由な高齢者や小さな子ども連れなど

多くの人が利用しますよね。

ですが密室空間でもあるため、

もしも不慮の事故が起きてしまった時は

危険な乗り物でもあります。

日本では徹底した点検や管理が行われていますが、

それでもたまにエレベーターの事故が報告されています。

そして、海外では未だにエレベーターの

落下事故は無くなっていないというのが現状です。

では、どのようにすれば助かるのでしょうか?

皆さんと一緒に考えいきましょう!

スポンサードリンク

階数も関係あり!

もし2階から1階までの落下事故であれば

軽傷で済むかもしれませんが、

10階以上から落下した場合は

命が助かることが奇跡なのだそうです。

ワイヤーが切れるなどの事故で

エレベーターが落下を始めた場合、

エレベーター内は無重力状態になるそうです。

物理学的には、エレベーターも人間も

それぞれ自由落下しています。

そのため人間はエレベーターとは関係なく、

10階の高さから落下しているのと同じ状況になります。

なので、10階から飛び降りたら

地面がたまたまエレベーターの材質だった、

というようなことになるそうです。

そう考えると、エレベーターは便利ですが

使用するのは必要最低限にしておいた方が

良いかもしれませんね。

では実際にエレベーターの落下事故に遭遇してしまったときは

どのような行動をとれば、

助かる可能性が高くなるのでしょうか?

詳しく検証していきましょう!

1.荷物を積み上げる

「荷物を積み上げる」という方法ですが、

落下時の地面からの衝撃を減らすためにも

有効なのだそうです。

できるだけ床との距離を取った方が良いそうです。

スポンサードリンク

2.手すりに体をあずける

荷物などがない場合は、

足を開いて手すりに体重をかけるように

体を預けると衝撃をかなり軽減することが

できるそうです。

3.ジャンプをしたら助かる?

ほとんどの人がまず考えるのが、

「ジャンプをする」ではないでしょうか?

ジャンプをするにしても、

エレベーターよりも強い力で上に飛ぶ必要があるため、

まず人間の力では無理です。

なので、ジャンプしても助かりません。

4.腰を曲げる

荷物がない上に、満員で身動きが取れない

可能性もありますよね。

そんな時は少し腰を曲げるような体勢をとると、

それだけでも結果はかなり変わるそうです。

5.仰向けに寝る

落下時に一番ベストなのは、

まっすぐ立たずに仰向けに寝ること。

立った状態のままだと、衝突時に

体に10倍もの衝撃がかかってしまうのだそう。

さらに助かるためには、

エレベーターの中央の床に体重が分散するように

仰向けになるのが良いのだとか。

このことで体への衝撃も分散されて、

助かる可能性が高くなるそうです。

乗っている人が少なければできそうですね!

さらに重要なのは・・・

頭を保護すること。

エレベーターが地面に衝突したとき、

エレベーター自体も衝撃で壊れる可能性が高いです。

天井が崩落して部品などが落ちてくる可能性もあるので

カバンや手で頭を保護するようにしましょう。

それではここでみなさんのエレベーターでの

おもしろエピソードをご紹介いたします!

1.もういっそ地下まで・・・

スポンサードリンク

2.で、あの人誰?

3.降りようとしたら・・・

4.ホラー現象も・・・

5.なぜそこに!?

6.とんだ災難(笑)

7.ハァァァァァ〜ッ!!!

8.僕の2分を返して

9.ん!!?

スポンサードリンク

ネットの反応

・便利だけど、万が一を考えて使わないようにしている

・高層ビルではエレベーターは重宝してるけど、事故のことなんて考えたことがない

・エレベーターで事故に巻き込まれたら、助かる気がしない

・なるべく海外では乗らない方がいいかも

・エレベーター満員だったらどうすれば良いんだ…

・エレベーターのケーブルが切れても、安全装置がまず付いているので、すぐに止まるので大丈夫ですよ!

いかがでしたか?

エレベーターではいろんな出来事が起こりますね(笑)

エレベーターはとても便利な乗り物ですが、

もしもの時のことも考えてどのような行動をとればよいか

知っておいても損はありませんね!

ぜひ周りのお友達にも教えてあげて下さいね!

出典元:youtube twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です