ある日の電車での出来事

席を譲る

幸運にも席に座れて電車に揺られていると、その席が優先席ではなくても

「あ、この人に席を譲ってあげようかな」

という人が現れることがあります。

それは決して世間がそういった風潮だからとか、

見下しているからとかではなく、

その人の本当の善意によるものが大きいですよね。

昼下がりの山手線で、ある男性が出会ったのは小さな赤ん坊を抱えた女性でした。

女性のために譲ろうと席を立った男性をよそに、

男性と入れ替わるように座ったのはなんとその隣りにいたおばさん。

ここで終わればただの胸糞な話ですが、まだ先がありました。



ある昼下がりの山手線でそれは起きました。

多くの人で混雑していた電車内で、男性は運良く席に座れていたといいます。

空席を見つけるのが難しい程の電車の中へと小さな赤ん坊を抱いた女性が乗車し、

たまたま男性の目の前に立ちました。

「大変そうだな」

と感じた男性は、女性へ席を譲ろうと席を立ったのです。

が、その善意を受け取ってしまったのは赤ん坊を抱いた女性ではなく隣に立っていたおばさん。

割り込み座ってしまったおばさんのあまりの図々しさに嫌悪感すら覚えた男性は

「あなたの為じゃない」

と声をかけようとしました。

いざ声をかけようとした瞬間・・・

次のページへ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です