画像出典:twitter

先生に言われた一言でハッとしました!『尊敬できる教師たちのエピソード17選!』

みなさんは学生時代にどんな先生に出会いましたか。

先生の中にも熱血な方もいたり、ユニークな先生も

いたりと様々なタイプの先生がいますよね。

また「こんな先生に出会えたから今がある!」と

いう経験をした人もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

人間味のある先生に出会うことによって、

みなさんのその後の人生がガラッと変わることもありますよね。

今回はそんな、『尊敬できる教師たちのエピソード』

をご紹介したいと思います。

気になるそのエピソードがこちら!

1.若手の先生にも・・・

先生として年数を重ねていくと、

天狗になってしまう方もいますよね。

それでも、若手の先生が面白い授業をしていたら

年下の先生に教えをこう姿には、子どもたちから

見てもいい先生だと思いますよね。

2.忘れ物をしたら・・・

みなさんは小学生の時に授業で忘れ物を

したことはありませんか?

忘れ物をしたら近くの席にいる友達に

貸してもらったりしますが、今の時代では

先生が貸し出しをするところもあるのですね。

3.柔軟すぎる先生

スポンサードリンク

小学校の時の試験は先生がつくるというよりも、

作られた用紙を配布して回答させていますよね。

こちらの答案用紙をよく見ると、どちらの画像にも

児童が自ら書いたと思われる絵が描かれています。

自ら問題を変えてしまうなんて・・・!

この児童の才能を伸ばしていけるといいですね!

4.遅刻したときに・・・

スポンサードリンク

遅刻したら当然先生に怒られますよね。

それだけ、遅刻するという行為はいけないことですが、

外国人の先生からしたら怒られた後も萎縮する生徒が

不思議で仕方がないのかもしれません。

日本ではお馴染みの光景でも、

外国の先生の視点からみると違うようです。

5.さすが先生

そう言われてみればそうですね(笑)

こんな面白いこという先生なら

授業が楽しくなりそうですね!

6.音楽の授業で・・・

音楽の授業といえば、リコーダーや木琴やピアノなど

おなじみの楽器を使うことが多いですよね。

それでも、たまにはこのように自宅にある楽器を持ち寄って

演奏するのも楽しい空間になりいいことだと思いませんか?

これで音楽の楽しさも学ぶことができるのではないでしょうか。

7.体育の授業で・・・

スポンサードリンク

体育の授業を楽しくできるのは、やはり

どうやったら上手くなるかの技術について

教えてくれる先生かどうかですよね。

上達すればそれだけで運動も楽しくなりますしね!

気合いでスポーツが上手くなるのなら、

とっくに上手くなっていますよね(笑)

8.とにかく続けなさい

誰もが最初から「できる」訳ではないですよね。

すぐにできるからと言って、才能という一言で

終わらせるのではなく、続けることでできるように

なったと思えば継続していこうと思いませんか。

好きなら何事も続けることが大事なのかもしれません。

9.絶句(笑)

10.もし将来つらくなったら・・・

スポンサードリンク

11.人生まだこれから

12.凄く斬新な「黙れ」

13.もう一緒に・・・

14.それが優しさ

15.納得!

16.会社は貴方を守ってはくれません

17.どんなに優しくしても・・・

ネットの反応

・すごい納得のいく理論!こういう考えが教育現場には、とっても重要だと思います。

・日本だと「なぜ遅刻したんだ!?」「遅刻した原因はなんだ!?」「どうやったら改善できるんだ!?」っとズルズル引きずって始末書並の反省文書かされますよね、、、

・フランスの小学校では、学年の初めにボールペン3本とか赤ペンとか名前を書かないで持って行くことになっていて、学校ではそれをみんなで共有してました。
すごく合理的だと思いました。

・あり得ますね。ブラック企業に勤めている人は、「自分が働いている企業はブラックじゃない。これが当たり前なんだ」って思っている可哀想な人が多いでしょうし。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

先生というと厳しいイメージがあり近づきにくい

かもしれませんが、今回紹介した先生方はどれも

親近感が湧く先生ばかりでしたね。

だからこそ、人間味のある先生と出会うことによって

子どもたちの成長にとってもいいのかもしれません!

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です