画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

意外と知られていない理由があった!

『ガソリンスタンド店員が静電気除去パットに触れない理由』

こんにちは!ピーコです。

みなさんはセルフ給油をしますか?

ご存知のように、給油前には静電気除去をすることは必須とされ

そのためにセルフ給油にはタッチパッドが用意されています。

しかし、フルサービス式のガソリンスタンドで

給油前のスタッフが静電気除去パッドに触れるなどの行為を

しているのを見たことがありますか?

考えてみれば見たことがないような・・・

ではなぜフルサービス式のガソリンスタンドのスタッフは

静電気除去パットに触れないのでしょうか?

これにはある理由があったのです!

今回はその理由についてご紹介します!

スポンサードリンク

そもそもなぜ給油前に静電気除去パットに触れないといけないのでしょうか?

あなたはガソリンの給油前に静電気除去パッドに触れていますか?

「ここに触れてください」

と書いてある10cmほどの黒いシートです。

給油前にあのシートに触れていないと大きな事故に繋がりかねません。

まず、静電気についてですが

体と衣類や衣類同士、車の場合で言うと

座席と衣類の摩擦などによって発生した電気が溜まったものです。

冬場は特に乾燥によって静電気が発生しやすいと言われています。

スポンサードリンク

セルフのガソリンスタンドでは自分で給油します。

給油しようと車から降りる際にも

座席との摩擦で静電気が発生します。

帯電した状態、静電気を持っている状態で給油にのぞむわけです。

ガソリンは灯油に比べると引火点が低く、

静電気に反応しやすいです。

ガソリンの可燃性蒸気に静電気の火花が加わると着火源になるわけです。

そんな事故を防ぐためにあの静電気除去パッドを触る必要があるのです。

静電気対策としては・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です