画像出典:dailymail

昏睡状態から12年ぶりに目覚めた息子・・・

『目が覚めた後の衝撃的な事実が明らかに』

のびにゃん

12年眠り続けていた男性のお話を紹介します。

しずかにゃん

え?12年も眠ってたの??

のびにゃん

目覚めた時に彼がどういった状態だったのか判明するんだよ。

ぜひ読んでみてください。

3人兄妹の一番上で健康な男の子

南アフリカ出身のマーティン・ピストリウス(MartinPistorius)さんは3人兄妹の一番上で健康な男の子でした。

マーティンさんは1976年に南アフリカのヨハネスブルグに生まれ、機械技師の父・ロドニーさんとレントゲン技師の母・ジョアンさん、さらに妹と弟と共に幸せな生活を送っていました。

しかし、12歳のときに突如激しい喉の痛みに襲われました。

スポンサードリンク

最初はただの風邪だと思っていたのですが、どんどん食欲がなくなっていき、日中に何時間も眠ったり、歩くと足に激痛が走ったり、風邪とは思えない症状が次々に現れたのです。

ただ事ではないと感じ、両親は数々の有名病院で診察や検査を受けさせたのですが、病名や治療法は判明しません。

さらに、イギリスやアメリカなどの国外の専門医にも助けを求めました。

そんな中、マーティンさんは思考力、記憶力までもが徐々に失われていき、やがて「クリプトコッカス髄膜炎」を発症します。

そして、ついに昏睡状態に陥ってしまったのです。

1日中マーティンさんの看病をする生活をスタート

母ジョアンさんはレントゲン技師の仕事を辞め、1日中マーティンさんの看病をする生活をスタートさせます。

しかし、意識を失ってから1年が経過しても回復の兆しは一向に見られませんでした。

そんな時、看病に疲れて息子を助けることのできない自責の念に悩んでいたジョアンさんは自らの命を絶とうとします・・・。

スポンサードリンク

結果的には未遂で済んだのですが、ジョアンさんにはマーティンさんを介護する余力は残っておらず、今度は父、ロドニーさんが介護をすることになりました。

しかし、ロドニーさんは昼間に仕事があるのでその間はマーティンさんは介護施設へと預けられることになったのです。

出勤前に預けて、夕方に仕事を終えると施設まで迎えに行き、マーティンさんが眠るまで世話をし続けるという日々を送る父のロドニーさん。

施設が休みの日は1人でマーティンさんの面倒を見ることになります。

意識が戻らないまま、3年の月日が経ち、マーティンさんは16歳になりました。

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です