画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

『5円玉と50円玉に穴が開いている理由』

これにはある時代背景が関係していた!

普段何気なく使っている5円玉と50円玉。

これには真ん中に穴が開いていますよね。

でもなぜ穴が開いているのかご存知ですか?

今回はそんな5円玉と50円玉に穴が開いている理由をご紹介します。

スポンサードリンク

現在日本で製造される硬貨は、通常発行される

1円、5円、10円、50円、100円、500円の各1種類ずつ6種類の貨幣と、

記念貨幣に分けられます。

それぞれの素材は次のもので作られています。

1円・・・アルミニウム

5円・・・黄銅(真鍮。銅と亜鉛の合金)

10円・・・青銅(銅と錫(スズ)の合金。但し亜鉛を含む)

50円・・・白銅(銅とニッケルの合金)

100円・・・白銅(銅とニッケルの合金)

500円・・・ニッケル黄銅(銅、亜鉛及びニッケルの合金)

このうち、5円玉と50円玉には穴が開いています。

その理由がこちら!

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です