画像出典:photo-ac.com※写真はイメージです。

『洗濯バサミを車のエアコンの吹き出し口に挟む』

これだけであの悩みを解決できる!?

のびにゃん
へ??洗濯バサミを車のエアコンの吹き出し口に挟む・・・?

こ・・・これは!!!!

じゃいにゃん
どうしたんだ、のびにゃん?

何をそんなに驚いてるの?

のびにゃん
じゃいにゃんこれ見てよ。

洗濯バサミを・・・って笑っちゃうね!

一体どうなってるんだろうね?

じゃいにゃん

何の意味があるんだろな?

できすぎにゃんい聞いてみようぜ!!!

洗濯ばさみ

洗濯ばさみ(せんたくばさみ、洗濯挟み)とは洗濯物や布団などを干す場合に落下しないよう挟んでとめる留め具。

レバーを押さえることによって留め具の部分が開き、手を離すと固定される仕組みとなっている。

洗濯物を乾燥させるためにひもや物干しざおなどにかけるとき、かけた洗濯物を落ちないように固定するために使われ、様々なデザインや色彩のものがある。

英語では、”Clothespin”や”C47″、”Clothes peg”、あるいは単純に”Peg”などと呼ばれる。

ヨーロッパでは、質感が重視され、今も木製やステンレス製のものが好まれ、それらが主流である。

日本では昭和初期は木製や薄いアルミ製のものが多かった。

アルミ製のものは長年使うことができた。高度成長期になると(洗濯ばさみに限らず、たいていのものが大量生産優先で、安価で安っぽいプラスチック製のものが増え)、洗濯バサミもプラスチック製が増え、2つのプラスチック部位をねじりコイルばねで組み合わせたものがほとんどとなった。

なお、ばねの形状がCの字型の物は機械による量産が困難で、一つ一つ手作業で作られていた。

引用元:洗濯ばさみ – Wikipedia

臭いを改善する

みなさんはドライブをしていて何か気になったことはありませんか?

それは車内の臭い。

特に使用したあとのスポーツ用品や、においの強い食品を食べた時など、

車内に臭いが充満し、なかなかとれず乗っているのも辛いですよね。

悪臭が漂っていると、せっかくのドライブも台無しです。

スポンサードリンク

特に夏場はエアコンをつけるので、余計に臭いがこもってしまうことも。

そんな臭いを改善する、”ある方法”が話題となっています!

今回はそれをみなさんにご紹介したいと思います!

詳しい方法は次のページへ・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です