画像出典:twitter

『九九を知らない息子にわり算の問題を出題』

すると・・・大人の想像を超える解き方に驚かされる!

小学校の算数は、小学1年でたし算ひき算を習い、

小学2年でかけ算・九九を習います。

わり算を習うのは小学3年生。

わり算をするにはかけ算・九九をマスターしてからになります。

スポンサードリンク

しかし頭のいい子なら、簡単なわり算なら解いてしまうもの。

例えば、「8個のアメを4人で分ける場合」など

簡単に頭の中で想像できてしまうのでしょう。

もう少し難しいわり算では、独特な解き方をする子もいるようです。

今回はそんな、大人の想像を超える解き方をした子をご紹介いたします!

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です