魔女の宅急便に登場する『ニシンのパイ』

実はとんでもない料理だった・・・

映画「魔女の宅急便」でおなじみの『ニシンのパイ』

せっかく主人公のキキが、宅急便の依頼をしてくれたおばあさんを

手伝って作ったのに、おばあさんの孫娘に

「私、このパイ嫌いなのよね」と言われてしまうお料理です。

とってもおいしそうなのに・・・

一体あのパイの何が嫌いなのでしょうか?

スポンサードリンク

「魔女の宅急便」の舞台はストックホルム&ゴトランド島

ジブリによりますと、舞台はスウェーデンのストックホルム、

バルト海のゴトランド島ヴィスビーの町とのこと。

また時代は飛行船が飛び始めたばかりで、かつ電気のオーブンがある頃。

飛行船が飛び始めたのは1925年くらい。

また電気オーブンが最初に商品として量産されたのは1891年。

おばあさんが、電気のオーブンを「古くなった」と言っていること、

電気オーブンを買う前は備え付けのまきオーブンを使っていたことから考えると、

1920年代〜1930年代前半が舞台だと考えられます。

そして・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です