画像出典:liveleak

今一度考えてほしい。『自撮りに夢中になって10ヶ月の赤ちゃんをエスカレーターから落とした親』

若者を中心に行われるスマホでの自撮り“セルフィー”。

SNSでセルフィー写真は多く見ますし、

行楽地でも撮影する楽しそうな姿を見かけます。

しかし、そんなセルフィーが死亡事故の原因にもなっていることをご存じですか?

セルフィー経験者にこんな質問をしてみました。

スポンサードリンク

『セルフィーをする時に、“ヒヤっ”とした経験はありませんか?』

回答結果がこちら・・・

・ある 9.4%(12人)

・ない 90.6%(116人)

“ヒヤっ”とした経験のある人はおよそ10人に1人の割合でした。

これを多いとみるか少ないとみるかは難しいところですが、

ないがしろにはできない数字ではないでしょうか?

そんな中、信じられないような出来事が起こってしまいました。

それは・・・

自撮りに夢中になって10ヶ月の赤ちゃん落下

イギリスのメディア「デイリーメール」は、

インドに住んでいる赤ちゃんを持つ夫婦の話を報道しました。

この夫婦はあるショッピングモールで

エスカレーターに乗り、3階に上がって行こうとしていました。

画像出典:liveleak

スポンサードリンク

目撃者によると、夫はまず夫婦で写真を一緒に撮った後、

妻に自撮りをしてみたら?と言ったそうです。

妻は赤ちゃんを抱きながら自撮りを始めました。

画像出典:liveleak

そして次の瞬間・・・!

ポーズを変えているうちに、

赤ちゃんが腕の中から滑ってしまい、

手すりの間に落ちてしまいました!

画像出典:liveleak

スポンサードリンク

夫婦はびっくりして悲鳴を上げました。

周りにいた人たちも赤ちゃんを助けるために走ってきましたが、

残念ながら赤ちゃんはピクリとも動きませんでした・・・

すぐに病院に運ばれましたが、既に息が止まった状態だったことが分かりました。

夫婦の一瞬のミスで赤ちゃんを失ってしまったのです。

こうしたセルフィーが関連する死亡事故は、

サメによる死亡事故の3.5倍で、エベレストで亡くなる人よりも多いそう。

また、死亡した人の年齢を見ると21歳が最も多く全体の27%で、

男女別に見ると73.5%が男性という結果もあるそうです。

よりSNSで注目を集めるために奇抜で過激な写真を撮りたい、

というセルフィーの過熱ぶりがセルフィー事故の背景にはあるといわれますが、

なかでも20代前半の男性が最も奇抜セルフィーに傾注しやすいということでしょうか。

いずれにしても、不幸な「思い出づくり」となってしまわないよう注意が必要ですね。

ネットの反応

・こんな悲惨な事って有る?!
まさに悪夢だよ!!

・こんなヤバい光景見た事無い。
なんで子供がこんな目に遭わなきゃならないのか・・・

・小さな命が・・・
無残過ぎる。

・可哀想に・・・
赤ちゃんは自撮り文化の犠牲になったんだね。
最近、こんな事故ばっかり。

・みんな、スマホが自分の注意力を
散漫にさせてしまう物体だって事を知って欲しい。

・何と言って良いか解らない。
これからの人生、この両親がどれだけの苦悩に包まれるのか・・・

・一番大事なのは我が子の安全。
こんなの、普通に防げた事故じゃないか。

・小さな子供を連れてるのに、スマホに夢中な母親を良く見かけるけど
子供が悲惨な事故に会わないといいなと、いつも思ってます。

いかがでしたか?

行楽日和が続くこれからの季節、

セルフィーで撮影する機会も増えることでしょう。

悲惨な思い出になってしまわないように、

セルフィーで撮影する際にはその危険性を頭の片隅に置き、

また、周囲の状況に気を配って撮影した方がよさそうですね。

出典元:liveleak

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です