画像出典:youtube

今すぐあなたの手のひらを見てみてください!『選ばれし者のみが持つX型手相』これを持つ人は・・・

手相は東洋の占いというイメージが強いですが、

実は西洋には12世紀から「Palmistry(パーミストリー)」と呼ばれる

手相術がありました。今回はその、手相のちょっと変わった話題をご紹介します。

スポンサードリンク

全人口のわずか3%が持つ「X型手相」

「Palmistry(パーミストリー)」はインドが発祥の地で、

その後チベット、中国、エジプト、ペルシャ(現在のイラン)を経て

世界中に広がったと考えられています。

エジプト学者たちの中には、マケドニアのアレキサンダー大王は

手のひらに変わった印が付いていたという意見を唱える者がいました。

なんと、両方の手のひらにX型の線があったのです。

偉大なリーダーであったアレキサンダー大王はそもそも手相術に深い興味を持っており、

彼の動きはすべて手相に沿って計画されていたとか。

このX型の線を仮に「X印」と呼ぶと、これを持つ人は非常に少なく、

全人口のわずか3%に過ぎないといわれています。

そして、この「X印」を持つ人にはある共通点が・・・!

「X印」を持つ人の共通点

モスクワのSTI大学の研究者たちは、このテーマを分析するため

200万人を超える人々を調査し論文を発表しました。

そして、その研究で「X印」をどのような人が保有し、

その人の運命を決定づけているかがわかったのです。

この研究では、手のひらに珍しい「X印」がある人たちには

1つの共通点があることがわかりました。

それは・・・

スポンサードリンク

「X印」を持つ人々は、何らかの偉大な功績を成し遂げて、

代々人々の記憶に残るということです。

また、片手だけに「X印」がある人物は生きている間に有名になり、

両方の手のひらに「X印」がある人物は、亡くなった後も

歴史に名前が刻まれるとも報告しています。

人々は成功するためにたくさんの努力が必要ということに対して、

両手に「X印」がある人は成功をするのに計画も必要ないのかもしれませんね。

そして、この「X印」を持つ人物は・・・

この印を両方の手のひらに持つ人物には、

先に挙げたアレクサンダー大王、

そして第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンがいます。

また、ロシアのリーダーであるプーチン大統領もこの印を持っています。

オバマ前大統領も多くの写真を見ると、この印を持っていると思われます。

そしてこれらの人々は、他とは違うある3つの才能を持っているのです!

それは・・・

スポンサードリンク

1.第六感

この印を持つ人々は第六感を持ち、それが重大な局面で発揮されます。

普通の人間には五感が与えられていますが、X印を持つ特別な人物は

将来をある程度予測することが可能なのです。

彼らは非常に簡単に危険を感知することができるとか。

2.嘘を見抜く力

この印を持つ人々は嘘を見抜くことができるので、

人々は彼らに嘘をつきたくないと感じます。

もし嘘をつけば、彼らは怒りを即座に解き放つでしょう。

彼らは最終的に嘘をついた人を許すかもしれませんが決して忘れることはないので、

あなたは有力な友人を失うことになるかもしれません。

そして3つ目の才能が・・・

3.優れた記憶力

この印を持つ人々は優れた記憶力で知られています。

そしてあらゆる状況に適応でき、理解度が非常に高いのです。

さらに、X印の手相を持つ人は、体が強くて外見の体格とは関係なく、

伝染病にかかって亡くなるする確率も少ないそう。

最後に研究者は、

「偉大なリーダーにはX印の手相を持つ人が多くて、

素晴らしい直観力や眩しい光を持って生まれる場合が多い」

と述べました。

スポンサードリンク

ネットの反応

・左手にあるわー!

・普通にある、けど知能線が異様に短い(笑)

・俺は選ばれし者だったのか…

・この辺りに◇があると金運がいいんだってよ。

・思い切り開くと見づらいが
若干指を手前に寄せるとよく出る。

・両方あるけど、手相を見てもらった時には神秘線って言われた。
神さまに守られてる線らしい。

・わたしは両手のひらに×があり、人生にも×がついてます。

いかがでしたか?

みなさんの手のひらには「X印」がありましたか?

手相術が12世紀からあり、アレキサンダー大王が自分の手相を見て

世界征服の計画を立てていたとしたら、驚きですね!

非科学的と思われがちな手相ですが、そこには何らかの心理が潜んでいるのかもしれません。

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です