あなたは知っていましたか?『アンパンマンの歌詞』そこには秘められた本当の意味があった!?

アンパンマンと言えば、誰もが知っている大人気の国民的アニメです。

アンパンマンとは・・・

やなせたかしが描く一連の絵本シリーズ、およびこれを原作とする派生作品の総称。

また、これらの作品における主人公の名前。頭の中に餡が詰められている。

パンの製造過程でアンパンにいのちの星が入り誕生した。正義のヒーローである。

テレビアニメ(日本テレビ系列『それいけ!アンパンマン』)、アニメ映画、漫画、

ゲームソフト(任天堂のwii用、ニンテンドーDS用など)、おもちゃ・グッズなど

多数の派生作品・商品が存在する。

その中でテレビアニメアンパンマンは長期にわたり放映されており、

また一貫して同じ主題歌が使用されているため認知度が高い。

キャラクター数は、ギネス世界記録に登録される程多い。

引用元:wikipedia

スポンサードリンク

子供の頃から、誰でも親しんだアニメ『それいけ!アンパンマン』。

その主題歌には、「アンパンマンのマーチ」という歌が使われています。

作詞はやなせたかしさん。作曲は三木たかしさん。

この歌には、「愛と勇気だけが友達さ」という歌詞が含まれています。

みなさんは、アンパンマンは愛と平和をイメージしているように受け取っていませんか?

実はその歌詞には、思いもよらない意味が秘められていたのです!

アンパンマンは、やなせたかしさんが原作者であることは

みなさんがご承知の通りです。

このアンパンマンは元々大人向けの読み物で、

アンパンマン自身も普通の人間だったのです。

空腹の人たちの元へパン粉を届けるという点は現在と比較的共通していますが、

アンパンマンを語る上で最も知っておく必要があるのが、

やなせたかしさんの弟の存在です。

その弟さんに向けて「アンパンマンのマーチ」は書かれた曲と言われています。

スポンサードリンク

実はやなせたかしさんの弟は海軍に志願し、特攻隊として戦場でその生涯を閉じました。

更にやなせたかしさん自身も戦中・戦後の食糧危機に直面し、

非常に辛い思いをしたそうです。

その事を踏まえて、もう一度この歌の歌詞を読んでみてください。

歌詞の出だしの部分。

この歌詞に込められた本当の意味とは・・・

歌詞に込められた本当の意味

歌詞の出だしの部分に込められた意味は、

特攻隊として飛び立った彼は、自分が二度と母国の地を踏むことは無いと知り

胸の痛みを感じつつも、生きている喜びを感じる。

さらに後の歌詞に込められた意味とは・・・

スポンサードリンク

涙をこぼすことなく恐れることなく彼は飛んだ。

みんなの夢を守るために。

戦いに行くのは自分一人だけでいい。

愛と勇気だけを連れて行くから。

幸せとは何か、何のために生きるのか、その答えを知らずに生きるのは嫌だ。

時は過ぎ、彼は微笑みながら特攻隊としての任務をこなした。

まるで光る星が消え行くように。

彼は微笑みながら飛んだ。

みんなの夢を守るため。

なんとも切ない内容ですね・・・

この歌詞から、家族を軍隊に入れられた悲しみや、

国のために命を捧げた虚しさを感じる事が出来ますね。

最後に付け加えておきますが、

やなせたかしさんは、特攻隊や弟さんを意識して歌詞を書いたとは一言も言っておりません。

ですので、都市伝説の一つとも考えられています。

スポンサードリンク

ネットの反応

・やなせたかしさんは、弟さんを追悼する意味で書いたのかな?

・特攻隊の虚しさを、歌詞に込めているのかも知れない。

・いや、愛と平和を歌ったのがアンパンマンのマーチだ!

・都市伝説なんだよ。アンパンマンは戦うことを求めていないから。

いかがでしたか?

改めて見ると、とても考えさせられる歌詞ですね・・・

この歌にはこんなにも深い意味が込められていたのかもしれないです。

きっとあなたの心にも響いたはずです!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です