画像出典:littlethings

現代人必見!睡眠効率が格段にアップ!

『どれだけ寝ても疲れがとれない理由9選』

のびにゃん
今日も寝坊して遅刻しそうになったよ。
しずかにゃん
のびにゃん朝が苦手なのね。
のびにゃん
そうなんだよ。
どうにかスッキリ起きれないかなぁ。
できすぎにゃん
それならこれを読んでみて!
睡眠の質が上がってスッキリ起きれるようになるかもしれないよ!
のびにゃん
そうなの!?
早速読んでみるよ!

 

「眠たいのに眠れない…」

「寝ても寝ても眠い…」

「寝起きが憂鬱で仕方がない…」

睡眠が上手に取れないと、

なかなか日頃の疲れが取れませんよね。

現代ではそういう悩みをもっている人がとても多いそうです。

そこで今回は、専門家による睡眠効率をアップするために必要な9つのリストをご紹介します。

この中からできることをいくつか実践すれば、

あなたの睡眠効率は2倍、3倍…10倍となっていくことでしょう!

それでは、早速ご覧ください!

スポンサードリンク

1.日光浴が不足してないか

人間は午前中に日光や明るい人工光にさらされ、メラトニンを生成することで、

夜眠りにつきやすくなります。

さらに、太陽の光を浴びて体内にビタミンDを補充します。

そうすることで身体と脳を活発にさせているのです。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です