画像出典:littlethings

現代人必見!睡眠効率が格段にアップ!『どれだけ寝ても疲れがとれない理由9選』

「眠たいのに眠れない…」

「寝ても寝ても眠い…」

「寝起きが憂鬱で仕方がない…」

睡眠が上手に取れないと、

なかなか日頃の疲れが取れませんよね。

現代ではそういう悩みをもっている人がとても多いそうです。

そこで今回は、専門家による睡眠効率をアップするために必要な9つのリストをご紹介します。

この中からできることをいくつか実践すれば、

あなたの睡眠効率は2倍、3倍…10倍となっていくことでしょう!

それでは、早速ご覧ください!

スポンサードリンク

1.日光浴が不足してないか

人間は午前中に日光や明るい人工光にさらされ、メラトニンを生成することで、

夜眠りにつきやすくなります。

さらに、太陽の光を浴びて体内にビタミンDを補充します。

そうすることで身体と脳を活発にさせているのです。

2.水分不足ではないか

人は知らず知らずのうちに水分不足になりがちです。

体がだるいなと思ったら、まず冷水を1杯飲みましょう。

一杯の水を飲むことで、疲労回復することもあります。

3.運動不足ではないか

画像出典:littlethings

長時間同じ姿勢でいると、腰痛や頭痛の原因になります。

運動は、ホルモンのバランスを整え、疲労を解消してくれます。

さらに気分転換にもいいでしょう。

1日20分間、まずは軽い運動から始めてみてください。

どうしてもできない場合は、休憩中にストレッチをしたり、

なるべく階段を使うようにするだけでもいいと思います。

スポンサードリンク

4.規則正しい朝食を取る

朝食は1日の中で最も重要な食事です。

朝食をとらない、またはバランスの悪い朝食は、体に悪影響を及ぼします。

全粒穀物、少しのタンパク質、果物や野菜を毎日摂取するようにしてください。

5.病気の副作用

アレルギー、貧血などの慢性的疾患も疲労の原因になります。

このような持病を持っている人ほど更年期障害、うつ病、不眠症にかかりやすいのだとか。

まずは病気の治療が必要になります。

6.就寝前にパソコン、スマホを触る

スマホやPC、テレビなどから出る光は、睡眠に悪影響を及ぼします。

とにかく、寝る前くらいは見ないようにしましょう!

7.ネガティブな人間がいる

画像出典:littlethings

自身の生活習慣以外にも疲れの原因はあります。

他人の悪口や文句を言う人と一緒にいると精神疲労します。

ポジティブな人はエネルギーを与えてくれますが、

ネガティブな人にはエネルギーを吸い取られてしまいます。

ポジティブな人と一緒にいるように心掛けましょう。

スポンサードリンク

8.睡眠時間が長すぎないか

眠りすぎは体内のリズムを崩すことになります。

そう、多くの科学者が言っています。

体内のリズムを崩し、脳の一部が混乱することになるので疲労が取れません。

9.モノが溢れていないか

散らかってモノが整理されていないと、脳を集中させるのは困難です。

さらに、無駄にエネルギーを消耗しています。

せめて机の上だけでも整理しましょう。

ネットの反応

・睡眠は健康のバロメーターだ!

・疲労を取るには睡眠第一だからね。

・病気かどうか分からないしなぁ…

・眠れない悩みは、一番多いぞ!

スポンサードリンク

いかがでしたか?

日常生活の改善が一番の方法のようですね。

睡眠の重要性は、広く知られていると思います。

快眠なくして健康は保てません。

みなさんも9つの項目をチェックして睡眠の効率をぜひ改善してくださいね!

出典元:littlethings

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です