財布に『あるもの』をいれるだけ!それだけで紛失した時に戻ってくる確率が格段に上がる!?

あなたは財布をなくした経験はありますか?

1年間で紛失届けが出される金額は、約84億円というデータがでているそうです。

そこから実際に届けられる落しモノの現金の金額は

およそ30億円になり、そのうち約21億円が持ち主のもとに届けられます。

ですから、紛失届が出された金額の『35.7%』しか戻ってこないのです。

ですが、35.7%という確率は世界的に見ても高い確率だそう。

ヨーロッパ諸国では落ちている財布を拾っても、

「神様からのプレゼント」だと思い持ち帰ってしまうそうです。

そんな中、ある物を財布に入れておくだけで戻ってくる率が格段に上がる

と話題になっているのでご紹介します。

落とした財布が戻ってくる確率は3割程度だとお伝えしましたが、

ある物を入れておくと約90%の確率で戻ってくるようです!

それは・・・

『赤ちゃんの写真』です!

スポンサードリンク

確かに自分が落ちていた財布を拾ったとして、

中にかわいい赤ちゃんの写真が入っていたら、

「落とした人の子かな?困ってるだろうなー」と

警察へ届けてあげたくなる気がします。

他にも財布が戻ってくる確率を高くする方法としては・・・

他にも財布が戻ってくる確率を高くするには、

「家族の写真」や「子犬の写真」を入れておくといいそうです。

イギリスである実験が行われました。

路上に240個の財布をわざと落とし、

中に何が入っていると戻ってくる可能性が高まるのか?という実験。

その実験結果がこちら!

それぞれの財布の返却率は以下の通りです。

赤ちゃんの写真 – 88%

子犬の写真 – 53%

家族の写真 – 48%

老夫婦の写真 – 28%

寄付証明書 – 20%
(慈善事業に寄付したことを証明する書面)

写真が入っていない財布 – 15%

スポンサードリンク

赤ちゃんの写真がやはりダントツですね!

家族写真より、子犬の写真の方が多いのは少し複雑な気分ですが・・・(笑)

イギリスは愛犬家が多いので、そういったお国柄もあるのかもしれません。

にしても、やはり赤ちゃんの写真を入れておくことが

1番効果的のようです!

とはいえ、本当の家族の写真を入れるのはリスクがあるのでは?

という方は・・・

本当の家族の写真を入れるのはリスクがある?

一点だけ写真を入れる前に気に留めておいていただきたいのは、

「見ず知らずの相手に家族写真を見られるのは大丈夫か?」ということです。

写真だけであれば特にどうこうできるものでもないと思いますが、

免許証なども財布に一緒に入っている場合、

名前・住所・家族構成や顔などを知らない相手に晒してしまうことになります。

こういったことから犯罪に巻き込まれる可能性も無いとは言えません。

スポンサードリンク

そこでオススメしたいのは、

「全然関係ない赤ちゃんの写真を入れておく」という方法です。

拾った人からすればそれが偽の赤ちゃん写真かどうか分かりませんので、

リスクは回避しつつ充分な効果を見込めるのではないでしょうか。

ネットの反応

・こんな世の中でも捨てたもんじゃないなって思えた!

・さすがに赤ちゃんの写真あったら届けるわな。

・犬の写真でもいいんだ!

・俺は赤ちゃんの写真が入ってようが入っていまいが、届けるぜ。

・今日からやってみます!

・もっと早く知りたかったわ〜

・心霊写真だと中身ごと捨てられるんだろうなあ・・・

いかがでしたか?

これだけで財布が帰ってきたら嬉しいですよね!

まぁ落とさないに越したことはありませんが・・・

あなたもぜひ試してみて下さいね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です