なんだこれは・・・!もはや化け物!『地球上に実在する巨大すぎる生物たち11選』

地球上には信じられないくらい、

巨大に成長する生き物がたくさんいます。

発見されていないだけで、さらに大きな個体もいるのかも・・・

今回はそんな、地球上に実在する巨大すぎる生物たちをご紹介します。

早速ご覧ください!

スポンサードリンク

1.巨大ナマズ

画像出典:youtube

ヨーロッパオオナマズは、ヨーロッパに生息する大型のナマズです。

大きい個体では体長2mにもなり、体重は65㎏もあります。

寿命は30年ほどで、そのあまりの巨大さから「ネッシー」などのUMAは、

このヨーロッパオオナマズの見間違えではないかという説さえ存在します。

2.巨大クラゲ

画像出典:youtube

キタユウレイクラゲは別名「ライオンのたてがみ」と呼ばれています。

クラゲとしては最大種で体長は触手も入れて30m、

体重は250kgを超える個体が確認されています。

3.オオサンショウウオ

画像出典:youtube

オオサンショウウオは世界最大の両生類で、

大きいものでは体長150cmを超えます。

寿命も両生類の仲間の中では非常に長く、

飼育下で51年生きた記録も残っています。

日本に生息しており、絶滅危惧種に登録されています。

スポンサードリンク

4.巨大マンタ

画像出典:youtube

「マンタ」は愛称で正式名称はオニイトマキエイといいます。

マンタの最大個体はヒレを広げた横幅が8mにもなり、

体重は8トンを超えます。

5.巨大カブトムシ

画像出典:youtube

エレファントゾウカブトムシは体長が13cmに達し、

その体重は200gを超えるそうです。

これは甲虫としては非常に巨大で

体重に関しては世界最重量といわれています。

6.巨大熊

画像出典:youtube

ヒグマはホッキョクグマに次いで巨大になることで知られており、

体長は2.8m、体重は780㎏にまで成長します。

画像のクマは見たところ最大級の個体のようです。

7.巨大ヘビ

画像出典:youtube

アナコンダは最も大きいものでは全長10m近く成長し、

非公認ながら14mを超える目撃報告も存在します。

締め付ける力は750㎏といわれており、

一度捕まってしまえば逃げることは不可能です。

スポンサードリンク

8.巨大オオカミ

画像出典:youtube

カナダに生息するオオカミは体長が1.5m、

体高は80cmもある大型種です。

体重は90㎏近くあります。

9.巨大ヘラジカ

画像出典:youtube

あの武井壮さんをビビらせ、

百獣の王を目指し始めたきっかけとなった巨大な鹿です。

アメリカでは毎年多くの死者を生み出し、

多くの人を恐怖に落としいれてきました。

10.巨大犬

画像出典:youtube

「ナポリタンマスティフ」という種類の犬は

その大きさから軍隊や警察で訓練されていた歴史がありました。

体高は75cm、体重は70㎏を超え、

画像のように馬と歩いていても違和感がありません。

11.巨大オヒョウ

画像出典:youtube

ベーリング海、北極海などの冷たい海に生息する巨大なカレイ「オヒョウ」、

水深400m~2000m付近の大陸棚に生息し、北海道でも稀に捕獲されます。

通常1~2mですが、過去に捕獲されたもので最大4mを超え、

重さは300kgにもなった固体がいたとか。

また、その大きさと筋肉量が多いため力がものすごく、

釣り上げた巨大オヒョウの尾が釣り人に直撃し亡くなった例もあります。

そのため、大きなオヒョウは船に揚げる前に

棍棒やライフルで息の根を止める事が必要なようです。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

どれも巨大過ぎます!

こんな生物に出くわしたら大変ですね!

発見されていないだけで、地球上には他にもまだまだ

巨大生物が存在するのかもしれません・・・

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です