『両手の親指に息を吹きかける』これだけであなたの体に驚くような変化が!

ちょっとした動作が人間の神経を落ち着かせることがあります。

人間の体にある様々なツボをちょっと刺激するだけで、

気持ちを落ちつけたり、痛みを和らげたりすることが出来るのです。

今回はそんな人間の体と心の不思議なメカニズムを、トリビアな視点からご紹介いたします。

気持ちをリラックス出来る裏技8選

1.不安や緊張をほぐすには

大切なプレゼンや面接試験を目前に、緊張で胸がドキドキすることありますよね。

そんな時、気分を落ち着かせる方法があります。

『両親指に数分間息を吹きかけてみてください』

これは呼吸を整えるだけでなく、鼓動を穏やかにする迷走神経の働きを助けます。

胸のドキドキはたったこれで治ります。

2.鼻の通りをスッキリとさせるには

鼻詰まりは人をイライラさせます。

かといって鼻を強くかむことは良くありません。

鼻腔をスッキリさせるための裏技とは…

『舌の先を口内の上の部分(硬口蓋)に数秒押し付けてみてください』

同時に、人差し指を眉間に当ててください。

約20秒後、再び問題なく鼻呼吸ができるようになります。

3.偏頭痛を緩和させるには

偏頭通に悩まされている人に朗報!痛みに効くツボをお教えしましょう。

親指と人差し指の間にあるツボで、合谷(ごうこく)と呼ばれています。

『親指と人差し指で反対の手の親指と人差し指の間を、円を描くように軽く力を入れて押してください』

両方の手でやってみてください。

すると偏頭痛を緩和することができるでしょう。

4.神経を落ち着かせたい時

物事がうまくいかず焦っている時や、リラックスできずイライラして何も手が付かない時、

そんな日は誰にでもありますよね。

こういう場合の良い方法とは…

『氷のように冷たい水を数分間顔にかけるだけ』

これは哺乳類の潜水反応を引き起こし、

体が酸素をより効率的に取り込めるようにするので、神経が落ち着いてくるのです。

スポンサードリンク

5.歯痛が急に起った時の応急措置

急に歯痛に襲われた時、取りあえず痛みを和らげたい人に朗報です。

『親指と人差し指で角氷を手の甲に当ててください』

すぐにその部分をこすって温めたいという欲求に駆られます。

痛みを感じる神経もそちらに流れます。

冷たさがこの神経を麻痺させるので、歯痛の60%から90%は緩和されるのです。

6.火傷などの水ぶくれを防ぐには

火傷をした時、多くの人が取る応急処置は、氷を入れた袋を患部に当てて冷やすことでしょう。

しかし軽度の火傷の場合、もっと素早い処置法があるのです。

軽度の火傷の場合には代わりに『指先を数分間当ててみてください』

これは火傷した部分が通常の体温に戻るのを促進し、水ぶくれの形成を防ぎます。

すると皮膚は自然と治っていきます。

スポンサードリンク

7.咽喉のイガイガを和らげたい時

とても簡単な方法があります。

それは『耳をゴシゴシ擦るだけ』

はい、たったこれだけで数秒で治ります。

耳に刺激を与えると喉にけいれんが起こり、喉のいがらっぽさを緩和してくれるのです。

8.注射の傷みを緩和したい時

採血される時や予防接種の時など、注射の針先を見ると誰でも恐怖を覚えるものですよね。

大人になっても注射の針は苦手という人はいると思います。

そんな時、チョット意識を逸らすことで痛みを和らげることが出来ます。

『針が刺されるときに軽く咳き込む』と一番よく効きます。

針で採血するということから注意をそらすことができるのです。

しかし事態を複雑にしないように、事前に医師か看護師に何をするのか説明しておいてください。

もちろん咳をしている間も、腕はできるだけ動かさないようにそのままにしておいてください。

スポンサードリンク

ネットの反応

・この8つをテキストメモにコピペしておこう

・火傷はやっぱり冷やすしかないのでは…

・不安をほぐす方法は簡単だから今度試してみよう

・歯が痛い時はすぐ歯医者に行くよ!角氷なんてすぐ用意できないから

いかがでしたか?

ユニークな裏技知識でしたね。

不安な症状が出た時、病院に行く前にこれらの裏技を試してみたら

不思議と収まるかも知れません。

ぜひ日常生活で上手に取り入れ、落ち着いた気分で過ごしていきたいですね。

出典元:leeshetnu.nl

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です