皆さん2007年に出版された、

『がんばれば,幸せになれるよ』

という本をご存知ですか?

小児がんと闘った少年が遺した言葉の数々をその母が綴った本です。

母と子の9年間の愛情と涙の軌跡の物語。

誰もが涙する9歳の少年、

山崎君の短くも壮絶な人生をここにご紹介します。

次のページへ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です