画像出典:twitter

なぜ!?小3算数テストで「3.9+5.1=9.0」が減点された!

その理由とは・・・

こんにちは!ピーコです。

今回は、小学校3年生の算数テストの採点結果が、

Twitter上で議論を呼んだのでご紹介します。

話題となっているのは、あるTwitterユーザーさんの姪っ子の算数のテスト。

『筆算でしましょう』という問題と、「4.8+3.5」と「3.9+5.1」という問題があり、

それに対して姪っ子がこう回答しています。

姪っ子が回答した内容は「4.8+3.5=8.3」と「3.9+5.1=9.0」。

みなさんはこの時点で、回答を見てどう思いますか?

何も間違っていないように思うのですが・・・

この回答に対して、先生の採点結果が議論の元となっているのです!

その採点結果がこちら・・・

なぜ減点!?

「3.9+5.1=9.0」に対して、1点の減点が付けられています。

これは推測するに、「3.9+5.1=9」が望ましかったということなのでしょうか?

これには投稿者さんも、『.0の有効数字に意味があるというのに全く訳がわからない』

とツイートされています。

有効数字とは・・・

ある測定結果をその測定精度に合わせて表示するために必要な数字の桁数

これにはTwitter上でも議論が巻き起こり、投稿されたツイートは4日で

14,000RT(リツイート)されるほど注目を集めています。

それではここで、興味深い見解を見つけましたのでご覧ください。

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です