画像出典:twitter

小学校のテストで『8×7+17=73』が不正解に・・・その驚愕の理由とは!?

今回は、小学校2年生のとある問題が話題となっているのでご紹介します。

テストには次のような文章問題がありました。

1ふくろ 8こ入りの チョコレートが 7ふくろと、

ふくろに 入っていない チョコレートが 17こあります。

ぜんぶで チョコレートは 何こありますか。

通常で考えれば8✕7+17で73となるはずですが・・・

これは間違いだということです。

一体なぜ間違いなのでしょうか。

その理由が驚くべきものだったのです!

それは・・・

不正解にした衝撃的な理由

「かけ算をまだ習っていないので、かけ算の良さをわかってからでないと〜」

つまりは、『かけ算はまだ習っていないからダメ』ということ。

学校で教えていないことをやったので不正解になったみたいです。

先生が望んだ答えは「8+8+8+8+8+8+8+17」のよう。

スポンサードリンク

これは納得がいきませんね・・・

ある元教師の方は、これを不正解にした理由について次のように推測しています。

担任の先生は、8が7つあるから 8+8+8+8+8+8+8 になることを

理解しているかどうかを確認したかったのだと思います。

そして、このちょっと面倒な足し算が、掛け算を知ることによって

8×7という簡単な式になることにつなげていきたかったのだと思います。

としつつも、これを不正解として「なにこれ?」と書いたことに対しては、

子どものやる気を削いでしまった可能性に危惧を抱いているとの意見を述べています。

それがこちら・・・

担任の考えはわかりますが、それは担任の都合だと思います。

間違っているのに〇をもらった児童は、この種の問題をこの式で答えを出すことが

正しいと信じてしまうかもしれません。

あっているのに「何これ?」と書かれた児童は、合っているにもかかわらず

誤りとされたことに傷ついてしまうでしょう。

そして、もう教えてもらったこと以上の発言をしなくなるでしょう。

もしかしたら意欲の芽を摘んでしまったかもしれません。

スポンサードリンク

教師が望む答え以外は不正解で、出る杭は叩く、

まさに日本の悪いところを象徴したような一例ですね。

昔はできない子が「落ちこぼれ」と呼ばれ教育問題の一つでしたが、

最近はできる子が「浮きこぼれ」と呼ばれ、一つの問題となっているようです。

ネットの反応

・ちょっと意味がわからない。

・こーゆーの見ると日本の将来が不安になる。

・足し算しか使っちゃいけないならそう書いとけばいいのに。

・「なにこれ?」とかひどすぎる。

・正解なのに理由も言わずに不正解じゃ、子供は混乱しちゃうよ。

・こんな先生に自分の子供は任せたくない。

・こういう先生がいるから、日本の学力や個性を壊しちゃってると思う。

・私も小学生の頃、習っていない漢字を書けないからいつまでも名前を漢字で書けませんでした。

いかがでしたか?

こんな教師にあたると不幸ですね・・・

学校側的には、小中学校では『平等』であるべき。

授業で習っていないことで点数に差が出ることは不平等であり、

間違っているとされているようです。

日本のテストは『出題者の望む通りの答えを導き出す力』を

試していると言いますが、その通りかもしれないですね。

出典元:twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です