交通事故に見舞われた男性の『余命はあと5分』男性の最期の望みとは・・・あなたはどう思いますか?

人の人生の長さはバラバラです。

生まれてから100年という長い月日を生きる人もいれば、

はたまた生まれて間もなく人生を終えてしまう人もいます。

神様によってそれぞれに与えられた人生ですが、その終幕は時として突然訪れる場合があります。

今回ご紹介するのは、そんな不慮の事故に見舞われた男性のお話です。

ある日の深夜3時頃、高速道路でそれは起きました。

事故の通報を受け、現場に到着した救急隊員は思わず言葉を失いました。

そこにいたのは、事故の被害を受けた男性。

状況は凄まじいものでした。

車体に挟まれ、下半身が切断された状態の男性。

しかし、信じられないことに彼の意識はまだありました。

スポンサードリンク

下半身が切断された状態にありながら、車体に挟まれた部分が圧迫されていたため、

出血が少なかったのです。

それでも状況は最悪。

男性が助かる状態ではないことを救急隊員は分かっていました。

そして・・・

意識がある被害者の男性は救急隊員に聞きました。

「僕、あとどのくらいもちますか?」

その言葉に救急隊員は、「あと…5分くらいです。」と正直に伝えたそうです。

そして救急隊員は彼に最期の望みはないかと尋ねたのです。

すると被害者の男性はこう答えたそうです。

「家族と話したい」

スポンサードリンク

救急隊員は男性の携帯電話を探しました。

すると幸いなことに、携帯電話は通話が可能な状態だったので

すぐに彼の家族に電話をかけました。

しかし時間は夜中の3時過ぎ。

この時間帯に電話に出る人はそうはいません。

数回電話をかけた後、

被害者の男性は救急隊員に「もういいです、ありがとう」と告げ、息を引き取りました。

その数分後

事故に遭った男性が静かに息を引き取ったその数分後、

救急隊員が持つ携帯電話に着信がありました。

携帯電話に表示されているのは、救急隊員が先ほどかけた番号です。

スポンサードリンク

そして電話に出た救急隊員はこの携帯電話の持ち主が交通事故に遭ったこと、

そしてその人は瞬間的に亡くなったことを伝えました。

なぜ瞬間的に亡くなったと伝えたのかというと・・・

もし男性が息を引き取る前に『家族と話したい』と望んだことを告げてしまうと、

家族はすぐに電話にでなかったことを悔やんでしまう。

『悲しみだけでなく深い後悔を背負わせてしまうことになる』

そう思い、事実を伝えるのは控えたのです。

スポンサードリンク

人は当たり前のように普段の生活を送っていますが、

時にその当たり前の生活に突然終わりがきてしまうことがあるのです。

それは誰にも予想できないことです。

『当たり前』がどれほど幸せか、

そして普段から当たり前に一緒にいる家族の大切さを意識することで、

後悔の少ない人生を送れるかもしれませんね。

ネットの反応

・事実なら切ないですよ。これ以上切ない事はないわ。

・救急隊員の判断はこれで良かったと思う。家族と話したがっていたと報告したら家族は一生悔いが残ると思う。

・妻か親か兄妹か分からないけど・・・最後に一言でも喋りたかっただろうなぁ(泣)

・仕事や家事、育児は毎日大変だけど、この当たり前の生活に改めて感謝させられますね。

いかがでしたか?

当たり前の日常を失って初めて、普段の当たり前の日常が

とても大事だったということがわかるんですよね。

すごく悲しいお話ですが、人生の教訓のようなお話ですね。

これからは当たり前の日常を大切にしようと思います!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です