2.フック島のシーモンスター

画像出典:youtube

1964年12月12日、ロバート夫妻が

クイーンズランド州フック島の沖合で過ごしていたとき

妻がサンゴ礁の浅瀬で巨大な生き物を目撃しました。

それは巨大なオタマジャクシのような生き物で

体長は22~24mほどになる生き物でした。

最初は非常に驚いたのですが、ピクリとも動かなかったため

死んでいると思い近づいてみると急に動き始めたため、

夫妻は急いで逃げました。

この写真が撮られた1964年にはフォトショップもなく

写真の加工もできなかったため、この写真が本物である可能性が高く

この謎の生物は注目を集めました。

スポンサードリンク

3.ブラックナイト衛星

画像出典:youtube

1960年に地球の大気圏近くで地球を周回しているとされる

衛星らしき物体が撮影されました。

その当時は、人工衛星はまだ上げられておらず、

この物体が地球外生命によって作られたものなのではないかと推測されました。

またこの衛星の電波信号を解析したところ、

およそ13,000年前から存在していたことを示す数値がでたため、

より一層未知の物体である根拠を強めました。

この衛星についてはタイムズ誌やNASAもその存在を認めていますが

どういったものなのかについては未だにわかっていません。

次は謎のスカーフ女のお話です!続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です