ファミコンのカセットの穴の意味!!任天堂の衝撃の回答をご覧ください!

ファミコンとは??

ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。

型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。

任天堂の表記ではコンピュータと伸ばしていない。2013年(平成25年)7月15日に発売30周年を迎えた。

日本国外では、主要部分の仕様が同一の“Nintendo Entertainment System”(ニンテンドーエンターテインメントシステム、略称:NES)として発売されている。

また、2016年(平成28年)に30本のソフトウェアを内蔵し、オリジナルの筐体を小型化したデザインで復刻したニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(後述)が発売された。

日本国外では同様のコンセプトでNES Classic Editionが販売された。

引用元:ファミリーコンピュータ – Wikipedia

初期のカセットの上部には2つの穴

レトロゲームの代名詞『ファミリコンピューター(以下、ファミコン)』のカセットについて、ちょっとした疑問が湧いたので今回はそれを記事にしたいと思う。

その疑問とはカセット上にある穴である。初期のカセットの上部には2つの穴があいていた。しかしこの穴はどういった意味があったのか?

結構みんな謎だなと思っている!

そうです・・・長年の謎だったんですよね!

その謎が今回解決しました!

カセットの穴の謎の答えは・・・

そうです。

「ただのデザイン」だった。

驚きです。

穴がないものもありますね

スポンサードリンク

いかがでしたか?

ファミコンの穴がデザインだったことは驚きでした。

ファミコンといえばスーパーマリオが有名ですよね?

昔結構やりこんだなと懐かしくなっちゃいました✨

あなたの好きなソフトは何ですか?

ところで・・・

ファミコンあるあるをご紹介!

1.カセットに触れちゃうと画面がこうなる

2.エレベーターとエスカレータの区別がつく

3.2コンのマイクで邪魔する!

4.データが消えちゃって絶望する

5.クリボーにやられる

6.いろいろ試す

7.秘密の『↑↑↓↓←→←→BA↑↑↓↓←→←→BA』

8.電源が日常の動作で切れる

スポンサードリンク

9.名前が書いてある

10.カセットふーっふーっ

11.バグで動けなくなることも・・・

まだまだありますね!!

皆さんが覚えているあるあるも教えてくださいね✨

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です