ファミコンのカセットの穴の意味!!

任天堂の衝撃の回答をご覧ください!

のびにゃん
昔からずっと気になっていたことがあるんだ!
しずかにゃん
ファミコンのあの穴のことね??
のびにゃん
そうだよ!ついにその秘密が明かされたんだよ!!!
スポンサードリンク

ファミコンとは??

ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。

型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。

任天堂の表記ではコンピュータと伸ばしていない。2013年(平成25年)7月15日に発売30周年を迎えた。

日本国外では、主要部分の仕様が同一の“Nintendo Entertainment System”(ニンテンドーエンターテインメントシステム、略称:NES)として発売されている。

また、2016年(平成28年)に30本のソフトウェアを内蔵し、オリジナルの筐体を小型化したデザインで復刻したニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(後述)が発売された。

日本国外では同様のコンセプトでNES Classic Editionが販売された。

引用元:ファミリーコンピュータ – Wikipedia

初期のカセットの上部には2つの穴

レトロゲームの代名詞『ファミリコンピューター(以下、ファミコン)』のカセットについて、ちょっとした疑問が湧いたので今回はそれを記事にしたいと思う。

その疑問とはカセット上にある穴である。初期のカセットの上部には2つの穴があいていた。しかしこの穴はどういった意味があったのか?

結構みんな謎だなと思っている!

そうです・・・長年の謎だったんですよね!

その謎が今回解決しました!

次のページもご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です