これは見落としがちだった・・・

『当てはまったらヤバい交通違反6選』

のびにゃん
車の免許を取るのって大変そうだよね。
しずかにゃん
どうして?
のびにゃん
交通ルールとか標識の意味とか
僕全部覚えられる自信ないなぁ。
しずかにゃん
たしかに・・・
全部理解しておくのは難しいのかもね・・・

 

みなさんは車の運転免許を持っていますか?

運転中に携帯電話を使用したり、一方通行の道路を逆走したり・・・

もちろんこれは違反になりますよね。

しかし、普段の運転で見落としがちなルールですが、

うっかりすると違反になるものは意外と多いのです。

今回はそんな、当てはまったらヤバい交通違反をご紹介します。

あなたもこんな運転をしていないかチェックしましょう!

それでは早速まいります!

スポンサードリンク

当てはまったらヤバい交通違反

1.追い越し車線をずっと走行

高速道路で追い越し車線をずっと走行していたら

警察に止められてしまったという経験がある人はいませんか?

追い越し車線を継続して走行する行為は

「通行帯違反」というれっきとした違反です。

違反すると点数は1点、反則金として普通車だと6000円取られます。

反則金を支払わない場合は5万円以下の罰金が課せられます。

聞き慣れない違反ですが、

高速道路の違反ではスピード違反に続く第2位の取締件数となっており、

結構厳しくチェックされているようです。

追い越し車線を100m走り続けたら違反とか

10km走り続けたら違反とか距離に関する規定はありませんが

追い越し車線を利用する理由がなくなった時点で

速やかに走行車線に戻る必要があります。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です