誰も口にできない、高梨沙羅パパの評判
5d17d690b97f530fd63ad09dd6c571dc

ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅選手(20)にとって、2016年は「メイクデビューイヤー」となった。
長いまつげ、茶髪にネイル……大会や強化合宿であか抜けた容姿を披露すると、「急にキレイになった」と話題に。
大会や公開合宿には、スポンサーである資生堂の美容部員がヘアメイクとしてピッタリくっついているというから、すっかり女優のようだ。

大人の階段を上る高梨は今後、別の階段も上る必要がありそうだという。
それは、指導を受ける元スキージャンパーである父親からの「卒業」だ。

2014年に高梨が飛び級入学した日本体育大学では、1年間スキー部に入部すらせず、2年から所属するもインカレなどの大会にも一切出場させなかった。
これに日体大が激怒し、高梨の入部後にスキー部コーチに就任した父親は、昨年9月に解任された。

広告代理店関係者は

「高梨のスポンサーは現在7社。これだけで父親が年間で手にするのは約2000万円。日体大コーチの給料は年に約900万円。大学に目もくれないのも納得です」

と語る。

高梨の父親は広告代理店関係者をマネジャーにつけ、会見で質問する媒体を選別させたり、気に入らない記事を書いた記者を呼び出して“取材禁止”にしたりしているという。
これも娘を思ってのことだろうが、そんな父親の姿を見て、高梨はどう思っているのだろうか……………。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です