画像出典:youtube

覚えておいて損はない!『雪かきがちょっとの工夫で断然ラクになる驚きの方法』

雪が降り、寒い季節が続いていますね。

先日も福井で37年ぶりに最深積雪が130センチを超える大雪に見舞われました。

そんな雪国に住む人たちにとって、雪かきはとても重要なお仕事です。

今回はそんな、『雪かきが断然ラクになる驚きの方法』をご紹介します!

腕や腰に何かと負担のかかる雪かきですが、この方法を使えば、

あまり負担がかからずに、楽に雪かきが出来るそうです。

それではさっそく見ていきましょう!

この方法は、造園業の方(スコップ職人とも呼べる人)から

習ったというテクニックです。

やり方は簡単!

一般的にはスコップを下から持って雪かきをする方が多いのですが、

そうすると上腕二頭筋を使いやすく、

この筋肉は全身の筋肉の中でそんなに大きな筋肉ではなく、疲労しやすいのです。

そして雪を投げる時にスコップに縦回転のトルクがかかりやすく、

結果として腰が支点となり腰痛になりやすいのです。

体に負担をあまりかけずに雪かきをするには・・・

持ち手を上から持って握ると、上腕二頭筋の代わりに広背筋を使いやすくなり、

大きな筋肉を使って雪を投げる事が可能になります。

そして先ほどと比べると横回転のトルクになりやすく、

腹筋を活用しやすいので、腰への負担がかかりにくくなります。

スポンサードリンク

動画でご覧ください!

この持ち手で慣れてくると、前にも横にも高く投げる事も自由にできるようになります。

初めのうちは慣れないので上手く投げる事が出来ませんが、

ひとシーズン続けるとかなり上手くスコップを使う事が出来るようになります。

ネットの反応

・とても分かりやすいです。

明日実践してみたいと思います!

・なるほど、バッティングと通じるものがありますね。

・肘を痛めることも減りそう。

・雪かきが終わった後でコレを観た・・・

はやく知っていれば試したのになあ。

・ありがとう!なるほど。介護のときの寝てる人を起こすのと同じ要領の気がする。

・腕だけを使うか、体全体を使うかで疲れ方は全然違うはずです。

それが手のむきで決まるとは、なかなか気づかないと思います。

いかがでしたか?

これはとても簡単な方法ですね!

これだけで雪かきの負担が軽減されるのなら、ぜひ活用してみたいですね。

この方法を周りの人たちにも教えてあげて下さいね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です