これだけは見逃さないで!『神社やお寺に行ったときに神様から歓迎されている7つのサイン』

みなさんも神社やお寺には行かれたことがあると思います。

正月、旅行や神社巡り、その他にも行く機会はあると思いますが、

神社に参拝しに行った時に神様から「歓迎されてる」

というサインがあるのをご存知ですか?

それはいったいどんなサインなのでしょうか?

それではさっそくご覧ください。

スポンサードリンク

1.手を合わせている時に風が吹く

神社の拝殿で手を合わせていると、拝殿の方向から心地良い風が吹いてくることがあります。

これは、神様が「ここにいますよ」というサインを送ってくれているのだそうです。

神様は参拝をしているあなたへ「自分と相性が良い」ということを知らせようとして、

あなたに向けて爽やかな風を届けてくれたのです。

2.参拝していて気持ちがいい

神様にも自分と相性が良い悪いがあります。

相性のいい神様なら参拝していて気持ちがよくなり、心が温かくなるはずです。

そういう心や細胞が喜ぶようなときは、神様も歓迎してくださっている証拠なのです。

スポンサードリンク

3.天気が急に変わる

さっきまで晴れていたのに、鳥居をくぐったら雨が降り出したとか、

突然の雪も歓迎のサインだそうです。

「清めの雨・雪」のようですよ。

もちろん逆のことも。

天候が悪かったのに、参拝のときだけ晴れたというのも歓迎のサインです。

4.ご祈祷が聞こえる

ご祈祷は、受けられる方を含めその場に居合わせた

すべての人のためだと言われています。

時間が決まっている神社さんもありますが、

たいていは申し込みがあったら行うもの。

参拝のタイミングにご祈祷がはじまるというのは、

やはり神様のなせる技のようです。

お神楽や、奉納舞をやっている笛や琴の音も、歓迎のサインです。

スポンサードリンク

5.御幌(みとばり)や体が揺らいだり、引かれたりする

拝殿などで見かける白い薄布飾り「御幌(みとばり)」が

風も吹いていないのに舞うように揺らいだならば、

それは神様に歓迎されてるサインです。

更に、参拝中に御幌が内側から外側へと揺れたならば神様が「願いを聞いた」サイン、

外側から内側へ揺れると「願いが確かに届いた」というサインとなります。

そして境内を歩いている最中、または参拝中に体が軽く前方へ引っ張られた時も、

神様に歓迎されてるサインなのです。

6.動物に出会う

動物は神の化身として神社で現れることもあります。

鹿、猿、蛇、猫、犬、鳥など・・・

運がいいと、神社を案内してくれることがあるそうです。

7.お祝い事をやっている

七五三やお宮参りの家族、神前結婚式の花嫁花婿を見かけたり、

他の参拝者の御祈祷や巫女さんの舞と偶然参拝時に重なることがあります。

それはありがたい神様からの特別のご褒美です。

「幸せのおすそ分け」だそうですよ。

あなたにもご利益がありますので、感謝して受け取ってください。

そして神様へのお礼も忘れずに。

スポンサードリンク

ネットの反応

・毎年お参りに行く神社で、毎回境内にいる猫がすりすり
してくる場合はどうなのかな?

・神社大好きなのでこういう記事嬉しいです。

・神社仏閣はよく行くけど、思いあたるものは何もない・・・
鈍感なのかな。ご縁がないのかな。

いかがでしたか?

みなさんも参拝したときに、このような現象が起こった経験はありませんか?

もし起こっていたら、神様があなたの事を歓迎してくれていたんですね。

これから神社に参拝するときは、このような現象を気にかけてみてください。

きっと幸運が舞い降りるはずです!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です