『信越線電車、大雪で15時間もの間立ち往生』メディアはJRを批判!しかし、実際乗っていた乗客は・・・

JR信越線の新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が1月11日夜、

大雪のため新潟県三条市の踏切付近で走行不能になり、

乗客約430人が15時間もの間車内に閉じ込められました。

これに対して各メディアはJRに対して対応の遅さなどを理由に一斉に批判したのでした。

その報道を受ける側の私たちは、JR職員たちに憤りを感じましたが、

実際の様子はメディアが報道したものとは違っていたのです。

あるTwitterユーザーさんがそれを教えてくれました。

その内容がこちら・・・

画像出典:twitter

スポンサードリンク

画像出典:twitter

これには多くの反響が寄せられました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

報道の裏にはこのような事実があったのですね。

現場の職員さんたちにこの言葉が届くといいですね。

出典元:twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です