ジブリの公式設定をご紹介!『もののけ姫』のサンはあの人の先祖だった!?

ジブリ作品と言われてまず思い浮かぶ作品はなんですか?

「風の谷のナウシカ」だったり「天空の城ラピュタ」や「魔女の宅急便」だったり・・・

そんなジブリ作品には、実は表には出ていない隠れた設定やトリビアが

数多く存在しているのです。

今回はジブリ作品に隠された公式設定をご紹介します。

『もののけ姫』

「もののけ姫」は、1997年(平成9年)7月12日に公開されました。

宮崎駿監督が構想16年、制作に3年をかけた大作であり、

興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えました。

映画のキャッチコピーは「生きろ」

ちなみにこのキャッチコピー誕生の裏側は・・・

一言に凝縮された人々の記憶に残るキャッチコピーですよね。

『もののけ姫』のサンはあの人の先祖だった!?

作中ではまったく語られていませんが、ジブリ作品の「もののけ姫」に登場する

ヒロインのサンは「千と千尋の神隠し」の主人公・千尋の先祖

だという公式設定が存在していました。

スポンサードリンク

こんな設定があったとは驚きですね!

先祖のサンはもののけたちの森を守るために戦い、

その子孫の千尋は妖怪の世界に迷い込み・・・と、

なんとも不思議な体験をする一族ですね。

実はこの『もののけ姫』の主題歌にもトリビアがあるのです!

『もののけ姫』の主題歌

主題歌「もののけ姫」を歌う米良美一さんは、

女性のような高い声で歌うカウンターテナーが話題になり、

この作品によって広く認知されるようになりました。

スポンサードリンク

森の精霊「コダマ」

『もののけ姫』を代表すると言っても過言ではない、森の精霊「コダマ」。

裏設定もイメージ通り可愛らしくて、少し安心しましたね。

スポンサードリンク

ネットの反応

・1.5倍楽しめました!

・大人になってから裏設定なんかを知りながら観ると
また違った感じ方が出来て面白いよね。

・宮崎駿監督もう素晴らしすぎる・・・

いかがでしたか?

このように、ジブリ作品には意外な裏設定が多く、

その含みを知っていることで物語が2倍・3倍とおもしろくなっていきますね。

出典元:twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です