『ゴミ収集車の職員へのヒドすぎるクレーム』心ない言葉で泣いた・・・その内容とは!?

少し前に、消防車で飲食店へ食事を取りに来ていた消防士の方達へ

市民から苦情が寄せられたという事件がありました。

この事件は記憶に新しいのではないでしょうか?

この出来事により、ある苦情が日本中でとても大きな話題になりました。

それは、「ゴミ収集車の職員に対しても多くの苦情が寄せられる」

という現場の声を聞くことが出来たのです。

「私が知る限りですが・・・」と前置きを置いた上で職員の方が話をしてくれました。

そんな苦情の数々を今回はご紹介したいと思います。

あまりに心無い言葉で書かれた苦情のメールに、涙したこともあるそうです。

その内容がこちら・・・

『なぜ公務員が、俺たちの税金で缶コーヒーを飲んでいるんだ!』

公務員も人間です。

喉が渇くこともあれば眠気覚ましに缶コーヒーを飲またくなることももちろんありますよね?

ですが、缶コーヒーだけではなくお茶や水を飲むことにすら苦情が入るそうなのです。

そのためになんとこの職場では夏の暑い時期にも関わらず、

職員は事務所でしか水分を取れないのです。

夏場など暑い季節でさえ、市民の方々に見つからないように

こっそりと水分補給しなくては行けないのは、拷問と変わらないでしょう。

スポンサードリンク

『まだゴミ取りに来てねーぞ!今すぐ来い!』

このような苦情の電話も入るそうです。

なぜこのような事が起こったのか状況を確認してみると、

その地域は既にゴミの回収が終わっていたのです。

つまり、回収した後に誰かがゴミを出したのです。

その旨を説明するとなんとまた怒鳴られたのです。

「そんなん知るか!俺の税金で飯食ってんだろ仕事しろ!」

と怒鳴られたそうなのです。

そして・・・

結局日中の通常業務の間に職員が回収に向かったのですが、

その時間の分回収できないところがあったために残業することになってしまったのだそう。

ゴミの回収を依頼してきた人の言っていることはあながち強く否定できませんが、

怒鳴る相手はルールを守らなかった人ではないでしょうか?

スポンサードリンク

『なんで朝早く出さないといけないの?こっちの都合も考えてよ!』

「ゴミは何時までに出してください」と指定された時間が早すぎると苦情の声が。

しかし、ゴミを出す時間が指定されているのにはもちろん理由があります。

一台のゴミ収集車は、収集場所を何か所も回ります。

収集が終わると工場へ。

そしてまたすぐに次の収集場所へ。

このピストン作業を効率的にこなすために、

道路の混雑状況なども考慮して時間が設定されているのです。

他にもこんな苦情が・・・

『うちはいつも何時に来ているのに、まだ来ていない!どうなってんだ!?』

ある場所でいつもよりゴミが多く出されていた場合、

通常のルートをとることができず、回収の順番が変わることもあります。

引っ越しなど事情があるのかもしれません。

でも、ルートを変更せざるを得ないほどの大量のゴミは、まとめて出さないでほしいです。

強制はできないのですが・・・と職員の方は話してくれました。

スポンサードリンク

驚くことに「ゴミを毎日回収してほしい」という声は連日届くのだそうです。

しかも「毎日回収しないなんて、仕事していない。」という言葉の暴力となって・・・

効率よくゴミを回収するために、市民に分別を促すなど日々努力しているにもかかわらず、

こんな声が届くことに、現場は胸を痛めています。

そして最後にこう話してくれました。

「私たちの声がまだ小さいのかもしれません。

ゴミを減らす工夫を、ぜひお願いします。」

一人一人が少しずつゴミを減らすだけでも、職員の負担は減ります。

その結果、より良いサービスを受けられるかもしれません。

自分の都合ばかりを主張する苦情は、職員の時間を奪います。

そのことに気づいてもらえるといいですね。

いかがでしたか?

まだまだ出てきていないだけでかなりの量の苦情がありそうですね・・・

理不尽な苦情に苦しめられながらも、ゴミを回収してくれている職員の方々に

感謝しなければいけませんね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です