バイクが廃車に…その時妻は
livingidea019-thumb-610xauto-196

愛車のバイクが廃車になった夫が妻と交わした誓約書が、愛にあふれているとTwitterで話題になっている。

10年ほど通勤に使用していたカブが壊れてしまったTwitterユーザーの“もひかん”さん。
この事態を受けて妻は、夫が新しいバイクを購入するために、「我が家の全財産です」とやりくりして貯めたへそくりを出してくれて…。

愛にあふれる”誓約書”はこちら!

誓約書には、「おこずかいは平成30年12月まで2万円」、子どもが「成人するまで大切に乗る」といったバイクに関することや、妻に対して「寝る前にマッサージは15分+気持ち」、「おしっこは座ってやる」、「カゼのときに高熱アピールしない」といった普段の生活に関することが記されていた。
そして、最後の約束事には「たまには後ろに乗せて」という可愛らしい一言が添えられていた。

”大切に乗りたい”という気持ちに署名、捺印をしたもひかんさん。
ユーザーからは「素晴らしい奥様の海より深い愛が伝わってきます」、「素敵なご家族で羨ましい」といった声が寄せられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です