『今直ぐやめて欲しい7つのこと!』スマホを短命にする充電方法とは?あなたは大丈夫!?

スマホは今やとても便利で、一度手にするともう二度と手放せないアイテムですよね!

一日中スマホを見ているという人も中にはいるのではないでしょうか?

今回は、そんな大切なスマホを長持ちさせるために、

「充電中にやってはいけない7つのこと」をご紹介します。

1.充電しながら使用しない

電池は放電と充電を同時に行うことが苦手なため、

充電しながら使用するとバッテリーに負荷がかかり、

スマートフォン本体が高温になってしまいます。

これは多くの人が実感したことがあるのではないでしょうか?

2.急速充電器は常用にはあまり向かない

パワーバンクなどの急速充電器を使用している際、

バッテリーは高電圧に晒された状態です。

この状態はオーバーヒートを引き起こしバッテリーとスマートフォンに

ダメージを与えることがありますので、常用にはあまりおすすめしません。

スポンサードリンク

3.一晩中スマートフォンを充電器につけたままにしておかない

最新のスマートフォンと同梱されている充電器のほとんどには、

バッテリーがいっぱいになると電流を遮断する回路が埋め込まれています。

使用している充電器にこの特性があるかわからない場合は、

スマートフォンを一晩中充電器につけっ放しにしておかない方がいいでしょう。

過充電はバッテリーを痛めてしまいます。

4.充電アプリは使わない

バッテリーのパフォーマンスを記録する無料のアプリはたくさんあります。

とても役立ちますが、スマートフォンのメーカー推奨でないアプリは

使用しない方がいいでしょう。

バッテリーに負荷をかけるものも多く、

不要な広告をダウンロードしてしまうも事さえあります。

スポンサードリンク

5.あまり知られていないメーカーの安い充電器は使わない

凡用充電器はメーカー名の入ったものよりも安価ですが、それには理由があります。

それは、バッテリーが100%になると電流を遮断する回路が入っていないのです。

充電しっぱなしという方は、常に過充電状態になってしまい、

スマートフォンを痛めてしまいます。

スポンサードリンク

6.充電がまだ残っているのに充電しない

充電はバッテリー量が20%程度まで落ちてからにしましょう。

本当に充電が必要になる前に充電し続けていると、

スマートフォンの寿命をかなり縮めてしまいます。

でもこの逆もまた良くありません。

バッテリー量が0%にまで落ちてしまうとスマートフォンの寿命を縮めてしまうことがあります。

7.充電中はスマートフォンをケースから出す

充電するときは必ずカバーやケースから出すようにしましょう。

充電中はバッテリーの温度が上がります。

スマートフォンがケースに入ったままだとこの熱が内部にこもり、

スマートフォンの高温化を招いてしまいます。

いかがでしたか?

どれも言われて納得するものばかりでしたね。

スマホは精密機械ですから、高い温度には敏感なのです。

ちょっとした注意で、この高温化が防げることを知っておいたら

長くスマホを使えますね!

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です