正解率8%の難問!!問題:あなたはこの問題解けますか!?『6÷2(1+2)=?』の正解は・・・

今回はこちらの計算式の答えを導き出してみてください。

皆さんはこの問題の答えわかりますか?

問題

恐らく、ほとんどの方が答えを出せたと思います・・・

『1?9?うーーん・・・』

しかし、あなたの隣の方は全く違う答えを出しているかもしれません。

『1 or 9』世界でも議論を巻き起こした問題

一見すると小学生でも解けそうなこの問題。
しかし、計算の過程が違うだけで答えが「1」と「9」に分かれてしまう曲者なのです。

【1となった人の計算】

6÷2(1+2)
=6÷2(3)
=6÷6
=1

【9となった人の計算】

6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=3×3
=9

上を見ていただければわかりますが、この計算式の議論となる部分は「2×3」が先なのか、「6÷2」が先なのかという点です。
そして、これを巡って、ネット上では幾度となく議論が起こりました。

数学者もお手上げ?電卓ですら答えがバラバラになってしまうらしい

さらにこの問題が一筋縄でいかないところが、「機械でも機種によって答えが違う」という点です。

ちょっとお値段の張る電卓「関数電卓」

画像出典:reddit.com

しかも、数学のエキスパート「数学者」でも学者によって答えがバラバラとのこと。

そして、バラバラになる理由もまた、計算の過程の違いが原因のようです。

結局どっちも正解ってこと?

結局どっちも正解ってこと?実はあった「3つ目の答え」

結論から言うと、「1」も「9」も正解だが、「そもそも問題が説明不足である」ということらしいです。

それでは「1」の場合と、「9」の場合の計算を振り返ってみましょう。

【1の場合】

6÷2(1+2)の「2(1+2)を多項式」と考え「6÷(2×3)」とし計算する数学的な考え。←当然正解!

【9の場合】

6÷2(1+2)を「×が省略されているだけ」という考えから「6÷2×3」とし左から順番に計算する算数的な考え。←もちろんこれも正解!

しかし、この問題には「どちらの方法で計算してください」という重要な部分が抜けている。

よって「そもそも問題に欠陥がある」というのが正解。

いかがでしたか??

どうやら、「1でも9でも正解だけど、出し方が悪い」と気づけた人は8%だったみたいだよ!

算数は答えが1つ、なんて小学校の頃に言われましたが、定義付け1つ、考え方1つでここまで綺麗に二分してしまうものなんですね!

出典元:Twitter

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です