『バナナが及ぼす身体の変化がスゴい!』茶色い斑点があるバナナを毎日2本ひと月食べ続けた結果・・・

身近な果物であるバナナ。

バナナは、幅広く愛されている果物です。

腹持ちも良く、栄養価の高い食べ物としても知られています。

しかし、バナナを放置しておくと真っ黒になってしまう事がありますよね?

腐ってしまったと言って捨てたりしていませんか?

実は、『バナナは茶色い斑点があるぐらい熟した方が栄養価が高い』

と言うことをご存じでしょうか?

スポンサードリンク

見た目は悪くても、食べると身体にいいんですね。

バナナが茶色く黒くなるとバナナ自体が傷んで、

腐敗すると思うかも知れませんが、そうではありません。

因みに、茶色い斑点は「シュガースポット」と呼ばれています。

それでは、茶色くなったバナナを食べ続けると

バナナを食べることで得られる6つの変化

1.胸焼け解消

茶色い斑点が出た熟したバナナにはリン脂質が多く含有され、

これが胃の粘膜に吸着し、胃酸からの攻撃を抑える働きをします。

そのため、胃炎や胃潰瘍の予防にも効果があります。

スポンサードリンク

 

2.抗がん剤効果

熟したバナナには潰瘍細胞を壊死させる腫瘍壊死因子(TNF)が

含有されており、がんに対抗する体作りが可能となります。

また、白血球にも作用し強い免疫力を持つことができます。

3.便秘解消

食物繊維、オリゴ糖、マグネシウムが多く含まれており、便秘解消に役立ちます。

また、熟したバナナは血行改善にも効果があるので

自然な便秘解消を目指す人におすすめです。

4.ストレス解消

バナナに多く含まれているビタミンBがストレスを抑える働きをします。

また、血糖値を正常値に保ち、加えて疲労回復までさせる効果があります。

スポンサードリンク

5.体温調整

バナナは暑い気候でよく育ちます。

そのため、体温を下げる効果があります。

体温上昇、発熱時に体温を効率よく下げてくれます。

6.心臓発作や脳卒中のリスク軽減

カリウムは心臓や脳の細胞の働きに重要な成分です。

カリウムが多く含まれるバナナには、

心臓発作や脳卒中のリスクを軽減させる効果があります。

カリウムの推薦摂取量は1日1500mg。

これは、バナナ2~3本に含まれる量です。

スポンサードリンク

今すぐバナナが食べたくなりますね!

他にもこんな食べ続けるといいことがある食べ物を紹介します。

それは・・・

ズバリ!『森永のラムネ』です!!!

口に入れるとシュワシュワっと溶けて甘い酸っぱいラムネのお菓子は、

子供の頃に誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

森永のラムネ菓子は昭和48年から発売されている

超ロングセラーのお菓子のひとつです。

そんなラムネ菓子が意外な効果で今注目を浴びているのでご紹介します。

なんと、大人が食べ続けると体に衝撃の変化が起こるらしいのです。

スポンサードリンク

森永のラムネ

ラムネは、チョコやグミを一袋食べたり、

甘い清涼飲料水を一本飲むよりも実はヘルシーなお菓子なのです。

ラムネ1本の栄養成分表示

・カロリー:108kcal

・淡水化物:26.2g

・脂質  :0.3g

もちろん食べ過ぎると糖分取りすぎになるのでご注意を。

では、ラムネの何が体に変化を起こすのでしょうか?

ブドウ糖

ラムネが体に変化をもたらす大きな要因は『ブドウ糖』にあります。

森永製菓のラムネはなんと90%がブドウ糖で出来ているのです。

それではその体に起こる5つの変化を見てみましょう!

1.睡魔にブドウ糖

正常な睡眠をとっていれば、昼間に睡魔が襲うことはそうありません。

しかし、忙しい現代人にとって睡眠不足はつきものです。

糖の不足で脳が眠気を覚えるときに、正義の味方ラムネ菓子の登場です。

不足する糖を補給して脳を活性化して睡魔を撃退します。

睡魔には他にも原因があります。

偏った食事や過睡眠などの病気もあります。

そんなときにはラムネ菓子ではなく早く病院に言った方がいいでしょう。

スポンサードリンク

2.空腹時にブドウ糖

さまざまなサイトで空腹時にラムネ菓子などを食べると

空腹感がなくなるということが書かれていますが、「うそです。」

とはではいいませんが、正確にいうと!説明不足です。

ラムネ菓子などブドウ糖を含むお菓子を食べると、

その中の糖質によって血糖値が急上昇し大量のインスリンが分泌されます。

その後はインスリンの作用で血糖値が急下降して空腹感が増します。

他のサイトで一時的に空腹感がなくなると紹介されているのは、

お菓子を食べた直後の血糖値の上昇した時の感覚なのでしょう。

その後は一気に空腹感倍増ですからラムネ菓子を食べるタイミングが大切ですね。

3.二日酔いにブドウ糖

今日はほどほどにしておこうと思っていても、

同僚や上司から「軽くやって(飲んで)行かないか。」と誘われて、

「結構です。」と断れる勇気のある人は少ないと思います。

飲み過ぎた翌日に限って、急に誘われるのはマーフィーの法則でしょうか。

二日酔いにはいろいろな原因があります。

アルコールを分解する水分不足による、

脱水症状アデノシンによる血管拡張による頭痛などです。

特に糖の不足は低血糖症になります。

なぜ糖が減るのでしょうか、それは肝臓がアルコールの処理を優先するからです。

糖の生産が停止して脳に必要な糖分が不足してしまうのです。

それを補えるのがラムネ菓子に含まれるブドウ糖です。

スポンサードリンク

4.スポーツ時にブドウ糖

スポーツしている時ブドウ糖を分解してエネルギーを生み出しています。

そのためブドウ糖が不足すると疲労感が強くなると言われています。

5.集中力アップにブドウ糖

なぜブドウ糖が集中力と関係があるのかというと、

ブドウ糖が脳のエネルギー源だからです。

しかも脳はかなりの大食い。

特に頭を使っていなくても常時大量のエネルギーを消費しています。

なのにエネルギー源はブドウ糖という偏食家!

その点、森永のラムネは90%がブドウ糖でできているため

脳のエネルギー補給にとても適しているのです。

スポンサードリンク

では、ブドウ糖の代わりに砂糖じゃ駄目なのでしょうか?

砂糖はブドウ糖と果糖が結合したものです。

「砂糖=ブドウ糖+果糖」

砂糖が体内に入って分解されるとブドウ糖としてしっかり吸収することができます。

ブドウ糖の代わりに砂糖でも駄目ではないですが・・・

砂糖を摂取して分解するよりも、

ブドウ糖そのものを摂取するほうが吸収する効率がよいです。

しかも砂糖によっては分解してもブドウ糖が少ないかもしれません。

そのためブドウ糖を効率よく摂取するなら砂糖よりもブドウ糖がオススメとなるわけです!

ネットの反応

・居眠り運転防止にもなるね。

・森永のラムネがいいんですね!

・普通のラムネはあんま好きじゃないけど、森永のラムネは好き!

・一度に何粒が適当なんだろうか・・・
それが知りたい。

・Amazonで箱買いしよかな(笑)

・明日買いに行ってきます!

・美容にもいいみたいですし、
運動後や疲れた糖分摂取にも適しています。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

ひたすらラムネ推しのお話でした・・・

ただ実際、エネルギー不足になると脳の働きは鈍るので

しっかり脳のエネルギーになるブドウ糖を摂取して冴えた頭を維持しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

出典元:youtube

※当サイトは無断転載を禁止させていただいております。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です