突然、暗い夜道で見知らぬ中年女性が親しげに話しかけてきた

その衝撃の真相とは・・・

塾の帰りや会社帰りにどうしても、

夜道を一人で歩かないといけなくなった経験って誰しもありますよね。

あなたは今「私は大丈夫~!」と思っていませんか?

夜道は危険と認識はしているものの、その危険度は想像以上です。

今回ご紹介するお話は、夜道をひとりで歩いていたある女性が経験した出来事です。

スポンサードリンク

私が住んでいる町は繁華街に近い街です。

しかし、少し道を外れると人気は一気になくなります。

その道には、街灯がポツポツとあるだけでお店は全くなく、深夜帯は一層静けさが増します。

私は、飲食店でバイトをしているのですが、帰りはやはり遅くなってしまうことが日常茶飯事で、

帰宅毎に怖いなと思いながら帰路についているのは事実です。

いつもどおりバイト後に帰路につくとある日の私。

歩いていると、突然後ろから、女性に声をかけられました。

「あーーーちょっとちょっと!」

という甲高い声でした。

それと共に、人が走る足音も聞こえてきたのです。

びっくりしながらも少し振り向いてみると、

そこには見た事のないご年配の女性が、

私の顔を見ながら私の方に向かって急いで走ってくるのです。

その女性は・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です